1. トップ
  2. 恋愛
  3. 義父からセクハラを受けている間、夫と“目が合った”のに…妻『え…?』⇒結婚後、苦労する!自分本位な男性の特徴

義父からセクハラを受けている間、夫と“目が合った”のに…妻『え…?』⇒結婚後、苦労する!自分本位な男性の特徴

  • 2024.5.23
  • 1287 views

自己中心的な夫との共同生活は難しいかもしれません。 夫の振る舞いに疑問を感じたら、一度立ち止まって考えてみることが大切です。 今回は、結婚後に苦労するかもしれない自分本位な男性の特徴を紹介します。

取引を持ちかける

「夫が『これをしてくれたら、それをしてあげる』という取引を頻繁に持ちかけてくる。もっと無償の愛情表現をしてほしい」(28歳) 無償の愛情やサポートを期待するのは自然なことかもしれません。 しかし、もし夫が行動のたびに見返りを期待するようであれば、自己中心的な思考に注意が必要かもしれません。 愛情を交換条件にすることなく、お互いを尊重する関係が理想的です。

過度にからかう

「夫が度を超えて私の趣味や発言をからかい、それがやがてストレスに。愛情を感じるイジリとは思えない」(30歳) 夫婦間の軽い冗談やイジリは関係を豊かにすることもあります。 しかし、相手が不快に感じるほど過度な場合は、再考が必要です。 愛情表現としてではなく、自己満足のためにからかう行動には警戒が必要かもしれません。

意見を曲げない

「お出かけ先の選択から、日常の小さな決断まで、夫は自分の意見を絶対視する。譲歩や妥協を知らないので、時に心が疲れる」(31歳) 夫婦であれど、お互いの意見が常に一致するとは限りません。 しかし、どちらかが一方的に自己の意見を押し通す関係は、健全なコミュニケーションに欠けているかもしれません。 意見の相違はあるものの、互いに尊重し合う関係が重要です。

助けてくれない夫

「義父から嫌がらせされていて、その瞬間夫と目が合いました。しかし夫は知らないフリをして義弟としゃべりだし…助けてくれず『え…?』とショックでした」(30歳) 夫が自己中心的な行動をとりがち場合、関係は徐々に疲弊していくかもしれません。 もし上記のような特徴が見受けられたら、まずは夫とのコミュニケーションを見直してみることをおすすめします。 お互いを思いやることを忘れないことが、幸せへの鍵となるでしょう。 (愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる