1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性が「実は性格ブスなのでは」と感じる女性の言動【前編】

男性が「実は性格ブスなのでは」と感じる女性の言動【前編】

  • 2014.9.20
  • 450 views

たとえ一度は男性に気に入られることがあっても、時間が経つうちに「この子、性格悪いんじゃ…!?」と、交際発展への阻害要因ともなりうる性格ブス。男性はどんなときに、女性を性格ブスと思うのでしょうか。

■親友の悪口を言う

親友と男性に紹介しておきながら、親友がいない場でその女性の悪口を言う女性に、男性は不信感を抱きます。なぜかというと、男性は“群れの社会”の中で生きています。

群れから外れた人を非難することはあっても、群れの中にいる友人を非難することはほぼないからです。あっても茶化す程度。だからこそ、群れの中にまだいる友人の悪口を言うことを許せず、悪口を言う人の人間性を疑います。

女性の友人間では、グループ内の仲間の悪口を言うのはよくあること。ですが、いくら親友に非があるとしても、言葉にすることは男性には理解しがたいと覚えておいたほうが賢明です。

■本人より明らかに見た目が劣る同性に「かわいい」と連呼する

「そんなことないよ。キミのほうがかわいいよ」と言ってもらいたいって意味? と思われてしまう言動。相手を立てて自分を一段下に置くのは悪いことではありませんが、度が過ぎると単なるほめてもらいたがり扱いされてしまうのです。

性格をよく見せたい女性が言いがちな言葉ですが、「よく見せる」ことよりも「よくなる」ことにパワーを費やしたほうが、後々の自分に好影響ではないでしょうか。

■何に関しても“してあげた感”がにじみ出ている

男性は、優しい女性は大好きですが、優しさを押し売りする女性は次第に遠ざけ、恋愛対象からも外します。基本的に男性は落ち込んだとき、気持ちを他人にはあまりさらけ出しません。

それなのに「話、聞くよ」としつこく誘い出そうとしたり、交際中の彼の自宅を勝手に掃除してテリトリーを侵害するのは、女性の“してあげた感”を満足させているだけ。

男性は優しさを押しつけられただけの印象しか持てず、「この子、自分のことしか考えられない性格ブスなんじゃ…」と思ってしまうのです。「してあげた」と思うのは、相手より自分が優位な立場にいると勘違いしているからこそわき出る感覚なのです。

■ミスをすると必ず謝罪より先に言い訳をする

「すみません」「ごめんね」と言うより先に「でも」「だって」と前置きして言い訳をする行為は嫌われるもと。自分のミスを認めるより保身を優先している本音が浮き彫りになってしまうからです。

そして男性は、先に言い訳をする女性に対して、一緒にいるとずっとこうなると予測し、仕事でも恋愛でも距離を置きたがるようになります。

いかがでしたか? ひき続き【後半】でも、男性から「性格ブス?」と思われてしまう言動を紹介します。ぜひチェックしてみてください。

(内埜さくら)