1. トップ
  2. 多部未華子、演じるのは“大人の感情”シンパイ『インサイド・ヘッド2』でピクサー作品声優に初挑戦

多部未華子、演じるのは“大人の感情”シンパイ『インサイド・ヘッド2』でピクサー作品声優に初挑戦

  • 2024.5.23
  • 42 views

多部未華子が、8月1日(木)より全国公開される長編アニメーション映画『インサイド・ヘッド2』の日本語吹替版で、ディズニー&ピクサー映画の日本版声優に初挑戦することが明らかになった。

【写真を見る】多部未華子が声を演じる“大人の感情”シンパイのキャラクターポスター

【写真を見る】多部未華子が声を演じる“大人の感情”シンパイのキャラクターポスター [c]2024 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
【写真を見る】多部未華子が声を演じる“大人の感情”シンパイのキャラクターポスター [c]2024 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

本作は、どんな人のなかにも広がっている“感情たち”の世界を舞台にした物語を描き、第88回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『インサイド・ヘッド』(15)の続編。本作の主人公は、高校入学という人生の大きな転機を迎えた少女ライリー。そんな彼女を子どもの頃から見守って来たのが、頭の中にいるヨロコビやカナシミ、ムカムカ、ビビリ、イカリの5つの感情たち。思春期を迎えたライリーの頭の中にある日、シンパイ、イイナー、ダリィ、ハズカシという4つの大人の感情が現れ、感情の嵐が巻き起こる。

このたび、本作で新たに登場する“大人の感情”たちのリーダー的存在で、最悪の将来を想像し、あたふたと必要以上に準備してしまうシンパイの日本版声優に多部が決定。10代の頃から俳優として活動し、その演技力で数々の映画やドラマ、CMで存在感を放っている多部が、本作でディズニー&ピクサー映画の日本版声優に初挑戦。US本社のオーディションを経てシンパイ役を射止めた多部は「もともとディズニー&ピクサー作品が大好きで、前作『インサイド・ヘッド』も映画館に観に行き、とても好きな作品でした。今回新たな感情の<シンパイ>というキャラクターで、自分の声で残せるのはとても嬉しいなと思いましたし、一生懸命頑張りたい」とコメント。

自身も劇場で鑑賞したという前作『インサイド・ヘッド』については「感情は誰もが持っているもので、どの感情も必要なものだから、それを物語にするのは凄く面白いなと思いました。今回はライリーが思春期をむかえることで、誰もが経験したことがあるような感情たちが登場する発想が凄いなぁ」とピクサー作品ならではの魅力を熱弁。そんな多部自身もお気に入りの作品の続編である本作で演じるシンパイについて「人がわからない未来のことを先に想像して、必要以上に準備をしてあらゆる問題が起こってもどうにかなるように、ちょっとせかせかしていたり、落ち着きがなかったり、でも自分は良かれと思っているので正義感があったりと、個性的な性格のキャラクターです。他の感情とはまた一癖二癖も違った表現や声の出し方の特徴をつかむのに必死でした。<シンパイ>という感情は生きていく上でとても大切な感情だと思うので、その良さと癖のバランスをとるのが難しかったです」と収録を振り返った。

US本社のオーディションを経てシンパイ役を射止めた多部未華子 [c]2024 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
US本社のオーディションを経てシンパイ役を射止めた多部未華子 [c]2024 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

シンパイという感情について、多部自身は「心配しすぎて荷物は多いタイプなので、小さいことですけれど、これ持っておいてよかった!と心配することで助けられている部分はあります」と普段から助けられていることを明かした。またカラフルな感情たちの世界を舞台に感動的な物語が描かれる本作について「思春期とか、人生の転機で感情がどんどん芽生える瞬間は誰もが通ってきただろうし、もしくはこれからも通るかもしれない道なので、誰もがぐっと共感できて泣ける作品になっていると思います。感情はどれも必要不可欠なもので、色んな感情で支え合ったり、乗り越えていったりしながら人生を歩んでいくと思うんですけど、観た後は自己肯定を高めてくれるようなキラキラした作品だと思ったので、大人の方にもたくさん共感していただける作品になっていると思います」と作品への自信をのぞかせた。

ディズニー&ピクサー映画に声優として初挑戦する多部の演技を、ぜひ映画館で確認してほしい。

文/スズキヒロシ

元記事で読む
の記事をもっとみる