1. トップ
  2. ファッション
  3. 【40代のロングシャツコーデ】着こなし方であか抜ける! 大人のためのお手本コーデ

【40代のロングシャツコーデ】着こなし方であか抜ける! 大人のためのお手本コーデ

  • 2024.5.22
  • 6876 views

クリーンなルックスながら体型カバーもしてくれる「ロングシャツ」。裾出しコーデにぴったりハマるものの、大人にとってはヤボッたく見えないかと心配に。この優れモノ、40代はどう着ればあか抜けるのでしょうか。

そこで今回は【40代のロングシャツコーデ】をご紹介。おしゃれさんのスナップから、大人の着こなし方を解説します。

【1】「トレンド感のあるロングシャツ」を選ぶ

ロングシャツはボディラインがすっぽり隠れる一方で、地味な印象に見えることも。そこで40代におすすめなのが「トレンド感のあるロングシャツ」です。流行りのデザインなので、着るだけでコーデの鮮度がアップ。爽やかな白色で取り入れると顔映りがいい上に、クリーンに決まりますよ。

【2】通勤におすすめ「ストライプ柄ロングシャツ×黒パンツ」

通勤に使うなら「ストライプ柄のロングシャツ」がもってこい。Iラインを強調するストライプ柄が全身をほっそり見せ、コーデにきちんと感を演出します。

べーシックな黒パンツとのコンビはオフィスシーンにぴったりマッチ。前をフルオープンすれば軽めのアウターとしても使えます。

【3】リラクシーに装う「ラウンドヘムのロングシャツ×ロング丈プリーツスカート」

「ラウンドヘムのロングシャツ」に似合うのがロング丈のプリーツスカート。ゆるやかな裾のカーブラインと品のいいプリーツスカートとの合わせ技で、リラクシーな装いに仕上がります。

【4】肌寒い時期は「白ロングシャツ×長め丈のカーディガン・ニットを重ね着」

肌寒い時期は「白ロングシャツ」に長め丈のカーディガン・ニットをON。襟元と袖口からシャツをチラ見せすれば、こなれ感のあるレイヤードスタイルに。

ボトムは上に着たカーディガンやニットの色調に近いパンツを選ぶのがおすすめ。コーデがしっくりまとまりオシャレです。

元記事で読む
の記事をもっとみる