1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「お母さん、息子さんは…」ただの中耳炎じゃないの?表情がこわばる医師に伝えられた衝撃の事実は…!

「お母さん、息子さんは…」ただの中耳炎じゃないの?表情がこわばる医師に伝えられた衝撃の事実は…!

  • 2024.5.22
  • 2450 views

現在小3の息子が3歳のときの話です。数日前から鼻水が出ていた息子が「耳が変」と言い出しました。「機嫌は悪くなさそうだけど、中耳炎かもしれない」と思った私。かかりつけの小児科が休診日だったため、息子を初めて耳鼻科へ連れて行くことにしました。しかし、耳鼻科の医師からのまさかの言葉に、私は耳を疑いました……。

医師「おやつ何食べた?」

耳鼻科の受付で、鼻水が出ていることや、「耳が変」とは言うものの、そこまで機嫌は悪くないこと、耳鼻科の受診が初めてであることを説明した私。診察室へ案内されると、やさしそうな女性の医師が対応してくれました。

初めて耳鼻科に来た息子の緊張をほぐすためか、「保育園どこ?」「どんな遊びが好き?」などの他愛もない話をしてから息子の耳の中を見た医師。すると、「おやつ何食べた?」とは聞いているものの、先ほどとは声のトーンが一変。

「今日はおせんべい」と無邪気に答える息子に「それはよかったね」とやさしく声をかけたあと、私に向かって真剣な顔で「お母さん、最近お子さんにラーメン菓子をあげましたか?」と聞いてきました。前日に与えたことを伝えると、「耳の中に入っちゃってます」とまさかの言葉が。

耳の中に入っていたラーメン菓子をピンセットで取り出し、息子に「おやつはお口で食べようね」と注意したあと、私に「興味本位で入れることもありますし、食べながら耳を触って入ってしまうこともあるので、気を付けてください」と厳しく指導してくれました。

診察の最後に「スマホのライトなどでいいので、たまに耳の中を照らして異物がないか確認して。異物がなくても、定期的に耳掃除に来てくれたらうれしいです」と言った医師。耳鼻科で耳掃除をしてもらえることを知らなかった私は、耳鼻科での耳掃除は保険診療になることも初めて知り、いろいろなことに耳を疑った出来事でした。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師 松田玲子


著者:安藤 はるか

ベビーカレンダー編集部/キッズライフ取材班

元記事で読む
の記事をもっとみる