1. トップ
  2. 恋愛
  3. これ何に見える?あなたの「失礼な人度」がわかる【心理テスト】

これ何に見える?あなたの「失礼な人度」がわかる【心理テスト】

  • 2024.5.22
  • 12448 views

あなたの周りを見回してみたときに、失礼だなと感じている人がいませんか?空気が読めない発言をしたり、相手の気分を害するようなことを平気で言ったりするような人は、失礼だと思われがちですよね。でも失礼な人というのは、自分が失礼であるという自覚に欠けるものです。だから失礼な振る舞いができるのでしょう。あなたの「失礼な人度」を探ってみましょう。図形が何に見えますか?あまり考えずにお答えください。

  1. 小銭入れ
  2. ティーバッグ
  3. アヒルの口

1.小銭入れに見えた人は「失礼な人度80%」

図形が小銭入れに見えた人は、失礼な人度が80%とかなり高めかもしれません。あなたは自分では気づかないうちに、かなり失礼な態度を周りにとってしまっているのではないでしょうか。少し自分の言動を振り返ってみて、その時の周りの人の反応を思い返してみるとよいかもしれません。

この選択肢を選んだ人は、マイペースで自分勝手な感じになってしまいやすいところがありそうです。あまり周りの状況や様子を気にしていないため、どうしても空気を壊すようなことを言葉にしてしまいがちなのではないでしょうか。あなたは思ったことをただ言っただけかもしれませんが、それが相手にとって耳を塞ぎたくなるような言葉だった可能性はありそうです。

また約束したことを忘れて、相手を待たせていたり、バカにした態度をストレートに出すなど、相手を大切にしていないことがあからさまに見えてしまっているかもしれません。周りへの配慮が足りない部分がありますので、まずは周りの様子に目を向けることが大切なのではないでしょうか。

2.ティーバッグに見えた人は「失礼な人度20%」

図形がティーバッグに見えた人は、失礼な人度が20%とかなり低めかもしれません。あなたは失礼な人ではなさそうです。むしろ、とても礼儀正しく、相手を全く不愉快にさせない態度を取ることができる人ではないでしょうか。あなたと接した人は、みんなとてもいい気分で過ごすことができていそうです。

この選択肢を選んだ人は、繊細で思いやりのある性格をしていそうです。そのため、とても気が利きますし、優しく温かい接し方ができる人なのではないでしょうか。相手が嫌がりそうなことは、言葉にしませんし、約束なども誠実に守ろうとするところがあるでしょう。どんな相手でも、尊重しながら付き合える人ではないでしょうか。

あなたの場合、たとえ相手が子どもでも、ていねいにきちんと向き合おうとするはずです。そういうところが誰からも好かれるところなのではないでしょうか。また、失礼な人を相手にしても、感情的にならず、そういう人なのだと自分の中で飲み込んで解消する大人な対応ができる人でしょう。

3.アヒルの口に見えた人は「失礼な人度60%」

図形がアヒルの口に見えた人は、失礼な人度が60%とやや高めかもしれません。あなたは時々失礼な態度を周りに対してとってしまうようなところがあるのではないでしょうか。特に目上の人に対して、失礼な態度をとっていることが多いかもしれません。まるで友達のように接してしまっているのではないでしょうか。

この選択肢を選んだ人は、フレンドリーであっけらかんとした性格をしていそうです。明るく元気がいいのが取り柄なのですが、空気を読んだり相手によって言葉遣いを変えたりする器用さには欠けるのでしょう。そのため、仕事で上司にタメ口を聞いてしまったり、お客様に馴れ馴れしくしてしまうなど、線引きができていないのではないでしょうか。

あなたの場合、悪い人ではないと感じている人が多いはずです。ただ、やはり失礼であるとは思われているでしょう。相手によって言葉遣いを変えることは意外と大切なことではないでしょうか。それができることで、あなたの魅力的な部分が失礼という捉えられ方ではなくなるかもしれません。

4.鈴に見えた人は「失礼な人度40%」

図形が鈴に見えた人は、失礼な人度が40%とやや低めかもしれません。あなたはたまに失礼な態度をとってしまうことはあっても、普段は礼儀正しく丁寧な人なのではないでしょうか。うっかり失礼な態度をとってしまっても、すぐ自分で気がついて、謝ることができていそうです。

この選択肢を選んだ人は、気が小さく慎重な性格をしていそうです。対人緊張が強く、失敗しないよう、とても気を張って人と接しているのではないでしょうか。その緊張が強まりすぎた時や気を張りすぎて疲れが出ている時に、失言してしまったり約束をうっかり忘れるなど失礼な態度をとってしまっているのかもしれません。

あなたの場合、もう少し肩の力を抜いて人と関わることで、失礼な態度をとってしまうリスクを減らすことができるかもしれません。頑張りすぎてしまうことが逆効果になっているのでしょう。緊張していることに気づけたら、少し息を吐いて、肩を緩めるとよさそうです。また、無理していい人に見せようと頑張る必要はなく、そのままの自分でいいと思えることは大切かもしれません。

著者:aiirococco

元記事で読む
の記事をもっとみる