1. トップ
  2. ファッション
  3. 【大人ナチュラルファッションの最前線】甘さのあるアイテムを引き算して、今っぽくアップデートする方法

【大人ナチュラルファッションの最前線】甘さのあるアイテムを引き算して、今っぽくアップデートする方法

  • 2024.5.22
  • 1247 views

好きなテイストが変わらない分、年齢を重ねるごとにいつものおしゃれがしっくりこないことも。そこで、人気モデルのkazumiさんが、リンネルらしくおしゃれをアップデートしていくコツをスタイリスト・高上未菜さん&ヘアメイク・吉川陽子さんに伺いました。「kazumiコーデ」を作るためのキーワードは“引き算”!

教えてくれたのは… ヘアメイク吉川陽子さん&スタイリスト高上未菜さん

(左から)スタイリスト・高上未菜さん、モデル・kazumiさん、ヘアメイク・吉川陽子さん

[PROFILE]
スタイリスト・高上未菜さん
カジュアルなテイストに可憐な上品さを取り入れたスタイリングが人気。本誌のほかファッション誌を中心に、WEB、カタログなどで活躍。大の犬好きで、スタイリングに犬モチーフを加えるのが楽しみ。

ヘアメイク・吉川陽子さん
素肌の美しさを活かしたナチュラルで透明感のあるメイクが支持され、多くのモデルや女優を手がける。本誌をはじめ、ファッション誌や広告、ミュージシャンのビジュアルなど幅広く活動。

「kazumiコーデ」を作る基本のファッションルール

❶ナチュラルを引き算する

主役のワンピはそのままで小物をチェンジしてみる (BEFORE)

ワンピース¥38,500/エリテ(ケイエムディーファーム)、ストローハット¥20,900/ザファクトリーメイド(中央帽子)、バッグ¥20,900/ビリティス・ディセッタン(ビリティス)、シューズ¥19,910/マーガレット・ハウエル アイデア(モーダ・クレア)、ソックス/スタイリスト私物

「ふんわりしたシルエットのワンピースにバレエシューズ、かごバッグ、ハットを合わせるナチュラルコーデは、親しみのある定番コーデ。十分、素敵な着こなしだけれど、気分を変えてアップデートしてみましょう。甘さを少し抑えるように、ワンピースに合わせる小物を1つ変えるだけでも印象が変化するので、トライしてみてください」(高上さん)

(AFTER)

ワンピース¥38,500/エリテ(ケイエムディーファーム)、デニムパンツ¥39,600/オブラダ(シンチ)、キャップ¥ 7 , 7 0 0 /ニューエラ×シンゾーン(シンゾーン ルミネ新宿店)、ピアス¥16,500/プリュイ(プリュイ トウキョウ)、バッグ¥104,500/アー・ペー・セー(アー・ペー・セーカスタマーサービス)、スニーカー¥14,300/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

「デニムを合わせて足元はスニーカーに、ストローハットはキャップにチェンジして甘さのあるアイテムを引き算。その分、バッグはレザーのショルダーに変えて、洗練感を加味してカジュアルにまとめすぎないのもポイントです」(高上さん)

ここがPOINT!

ボーイッシュなキャップに変えた分、耳元は華奢なピアスをつけて。ナチュラルだけと大人っぽい雰囲気にチェンジ。

❷手持ちアイテムをカジュアルに崩す

プルオーバー¥14,300/ノンブルアンペール(ノンブルアンペール吉祥寺パークストア)、ブラウス¥5,390/サマンサ モスモス(キャン カスタマーセンター)、デニムパンツ¥39,600/オブラダ(シンチ)

「フリルやレースなど甘めアイテムは一見すると子どもっぽいイメージになりがち。スウェットやフーディーを合わせてカジュアルに着崩してみて。フリルやレースはインナーにして、首元や袖からちらりとのぞかせると大人かわいいコーデに」(高上さん)

甘めのアイテムに合わせたい カジュアルアイテム

いつもよりも少し大きめのサイズを選ぶとバランスよく着こなせます。

(写真左から)
クルーネックスウェット¥9,790/チャンピオン(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター)

ロゴフーディー¥13,200/チャンピオン(チャンピオン ブランドハウス シブヤ トウキョウ)

❸カジュアルな日は小物で上品に

バッグ¥82,500/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス)、プルオーバー¥13,200 /オーシバル(ビショップ)、 kazumiさんコラボ3wayサロペット¥40,700/アデュー トリステス(アデュー トリステス)

「カジュアルな装いのときに、洗練さを出したいときは、きちんと感のある小物を1つ加えてみて。たとえばバッグはリュックやトートではなく、レザーのショルダーにするだけで上品さが加わります」(高上さん)

アクセントになる洗練アイテム

(写真左から)
カラフル柄のスカーフは首元に足すだけで印象が変わるので持っておきたい。スカーフ¥15,400/マニプリ(マニプリ)

ベルトがアクセントのレトロなデザインが◎。バッグ¥14,300/ダコタ(プリンセストラヤ)

足元になじむ華やかな光沢感が魅力。シューズ¥36,300 /アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス)

❹大人の遊び心をひとさじ

スウェット¥14,300/77サーカ〈ワン バイ ワン〉(77サーカ)、ワンピース¥46,200 /ザ シンゾーン(シンゾーン ルミネ新宿店)

「定番で愛用しているナチュラルなアイテムに、肩の力が抜けたような遊び心を入れると普段とは使う雰囲気が楽しめます。大胆なロゴ入りのTシャツやアニマル柄のスウェットなどお気に入りを見つけて」(高上さん)

(写真上から)
ガーリーなパンツやスカートに合わせるだけでインパクト大。ロゴTシャツ¥10,780/オブラダ(シンチ)※6月発売予定

kazumiさんの愛猫・グーが描かれていてキュート。kazumiさんコラボブラウス¥32,780/アデュー トリステス(アデュー トリステス)

愛らしい猫柄に注目。トートバッグ¥15,400/テンベア(テンベア トウキョウ)

photograph:Yutaro Yamane(model), Yumi Furuya(still) styling:Mina Takaue hair & make-up:Yoko Yoshikawa taxt:Chie Sakuma web edit:Riho Abe
リンネル2024年5月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

元記事で読む
の記事をもっとみる