1. トップ
  2. 広瀬アリス主演『連続ドラマW 完全無罪』風間俊介・財前直見らオールキャスト&新PR映像解禁

広瀬アリス主演『連続ドラマW 完全無罪』風間俊介・財前直見らオールキャスト&新PR映像解禁

  • 2024.5.21
  • 42 views
『連続ドラマW 完全無罪』に出演する(上段左から)奥田瑛二、広瀬アリス、北村有起哉(下段左から)風間俊介、音尾琢真、財前直見、鶴見辰吾 (C)大門剛明/講談社(C)2024 WOWOW width=
『連続ドラマW 完全無罪』に出演する(上段左から)奥田瑛二、広瀬アリス、北村有起哉(下段左から)風間俊介、音尾琢真、財前直見、鶴見辰吾 (C)大門剛明/講談社(C)2024 WOWOW

広瀬アリスが主演を務める『連続ドラマW 完全無罪』(WOWOW)より、風間俊介、音尾琢真、財前直見、鶴見辰吾らオールキャストが解禁。併せて新PR映像が公開された。

【動画】『連続ドラマW 完全無罪』新PR映像(90秒)

本作は、大門剛明の小説『完全無罪』を大森立嗣のメガホンで連続ドラマ化。21年前の少女誘拐殺人事件の冤罪再審裁判の担当に抜てきされた期待の弁護士・松岡千紗(広瀬)が、自らもその事件で監禁された被害者の1人であるという境遇を抱えながらも、自身をあやめたかもしれない容疑者と対峙。再審裁判を中心に真相究明への切実な探求心を持つ彼女にしかできない弁護を展開し、事件の真相に迫る本格ヒューマンミステリーだ。

このたび主演の広瀬、先日出演が発表された奥田瑛二、北村有起哉に加え、物語の重要人物を演じるキャストが解禁。

千紗の同郷の先輩で、地元で弁護士をしており、事件において千紗の手助けをする相棒・熊弘樹を風間。奥田演じる有森の部下として、綾川事件を担当していた元刑事・今井琢也を音尾。少女誘拐事件の被害者・池村明穂の母で、被害者サポートセンターで働く池村敏恵を財前。千紗が働く大手法律事務所のトップである真山健一を鶴見が演じる。

出演にあたり、風間は「誰を信じ、何を信じ、何を正義とするか。台本を読んだ時も、撮影をしている時も、自分自身の信念と向き合う機会が多かった作品です」とコメント。音尾は「出演依頼を受けて台本を読ませていただいた時、個人的には奥田瑛二さんと2人のシーンがある事が楽しみの1つでした。実際の撮影時も勉強させていただきつつ胸を借りる気持ちで臨めたのが幸せな体験です」と振り返る。

財前は「この作品に『人は人を救うが人が人を陥れるのも真実』『世の中に疑問を持ち真実を見極める力を持て!』と、教えてもらった気がします」と思いを明かし、鶴見は「主演の広瀬アリスさんは、間違いなく新境地を見つけたはずだ。北村有起哉の演技も見ものだ。大森監督は、素材の旨みを引き出す名料理人だ」としている。

なお、千紗の父・松岡茂をおかやまはじめ、母・松岡ゆう子を池谷のぶえ、千紗が弁護を担当する被告人・田村彪牙を夏生大湖、地方局の記者・中垣内を菅原大吉、千紗が務める法律事務所の弁護士・瀬戸口規夫を堀部圭亮が務めることも明らかになった。

公開されたPR映像では、冤罪再審裁判が動き出すとともに三者三様の確固たる想いが交錯。作品タイトルでもある”完全無罪”とは、そして21年前の真実がどこにあるのか、そんな期待感が膨らむ映像に仕上がっている。撮影は、実際に物語の舞台となる香川県で実施。フィクションながら、現実でも起こっている再審請求、冤罪事件の裏側にある人間模様をリアルに映し出す。

『連続ドラマW 完全無罪』は、WOWOWにて7月7日22時放送、配信開始。第1話放送終了後からWOWOWオンデマンドにて全5話一挙配信。

※コメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■風間俊介

誰を信じ、何を信じ、何を正義とするか。台本を読んだ時も、撮影をしている時も、自分自身の信念と向き合う機会が多かった作品です。この作品に関わった人たち、それぞれの信念を大森監督が束ねて下さり、上質で濃厚な時間を過ごさせて頂きました。信念と正義を揺さぶる『完全無罪』。皆様の信念と照らし合わせて観て頂けたら嬉しいです。


■音尾琢真

出演依頼を受けて台本を読ませていただいた時、個人的には奥田瑛二さんと2人のシーンがある事が楽しみの1つでした。実際の撮影時も勉強させていただきつつ胸を借りる気持ちで臨めたのが幸せな体験です。大森監督にも、全て任せてディレクションについていけば良いのだという安心感を感じられました。今後ともよろしくお願いします。


■財前直見

大森監督からお声がかかったなら、監督の撮影の速さのように速答「やります」です。私は、奥田瑛二さん演じる有森さんとのシーンが多かったのですが、役柄のように奥田さんの懐の広さに甘えさせていただきました。この作品に「人は人を救うが人が人を陥れるのも真実」「世の中に疑問を持ち真実を見極める力を持て!」と、教えてもらった気がします。皆さん「生きるって事は本当は素晴らしい事でしょう?」


■鶴見辰吾

大森立嗣監督の作品なら、台本を読む前から二つ返事でやる気だった。そして台本を読み進めれば、その内容のおもしろさに、やる気は更に増していった。が、同時に「こりゃ大変だぞ」と、演じる上での責任の大きさも感じた。主演の広瀬アリスさんは、間違いなく新境地を見つけたはずだ。北村有起哉の演技も見ものだ。大森監督は、素材の旨みを引き出す名料理人だ。

『連続ドラマW 完全無罪』予告映像(90秒)

元記事で読む
の記事をもっとみる