1. トップ
  2. 『くるり〜誰が私と恋をした?〜』第7話 “まこと”生見愛瑠&“公太郎”瀬戸康史が口論

『くるり〜誰が私と恋をした?〜』第7話 “まこと”生見愛瑠&“公太郎”瀬戸康史が口論

  • 2024.5.21
  • 44 views
ドラマ『くるり〜誰が私と恋をした?〜』第7話より (C)TBS width=
ドラマ『くるり〜誰が私と恋をした?〜』第7話より (C)TBS

生見愛瑠が主演を務める火曜ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が21日に放送。まこと(生見)と公太郎(瀬戸康史)が口論になってしまう。

【写真】『くるり~誰が私と恋をした?~』第7話 場面カット

生見がゴールデン・プライム帯連続ドラマ単独初主演を務める本作は、ある事故で記憶喪失になった主人公・緒方まことが、手元に残された男性用の指輪を手掛かりに“恋の相手”と“本当の自分”を探していくラブコメミステリー。

■第7話あらすじ

まことと杏璃(ともさかりえ)は、特別なリングケースを探しているというオーダーを受け、頭を悩ませていた。そこで、花を使って何かできないかと考えたまことは、公太郎の元へ相談に行く。

後日、公太郎がサンプルを持ってリングショップにやってくると、偶然にも公太郎が杏璃の弟の聡(浜中文一)と幼馴染であったことが判明する。しかし、公太郎と聡は過去のある出来事がきっかけで疎遠になってしまっていた。

公太郎と聡の間にあった出来事を知ったまことは、公太郎に聡との関係を修復してほしい一心でその想いを伝えるが、忘れてしまう悲しさがわかるまことと、忘れたくても忘れられない辛さを抱える公太郎は口論になってしまう。

一方、朝日(神尾楓珠)は、律(宮世琉弥)の元を訪ねていた。律がまことと以前から知り合いだったことを公太郎から聞いていた朝日は律を問い詰める。律は「ただのいい人に負ける気しないんで」と朝日を挑発する。

火曜ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』は、TBS系にて毎週火曜22時放送。

元記事で読む
の記事をもっとみる