1. トップ
  2. 恋愛
  3. U17女子アジア杯、日本は惜しくも準優勝…北朝鮮が「無失点優勝」を達成 3位は韓国

U17女子アジア杯、日本は惜しくも準優勝…北朝鮮が「無失点優勝」を達成 3位は韓国

  • 2024.5.19
  • 113 views
U17女子アジア杯、日本は惜しくも準優勝…北朝鮮が「無失点優勝」を達成 3位は韓国
U17女子アジア杯、日本は惜しくも準優勝…北朝鮮が「無失点優勝」を達成 3位は韓国

Text by 奥崎覚(編集部)

U-17日本女子代表は19日、U17女子アジアカップ決勝で北朝鮮と対戦し、0-1で敗戦。日本が連覇を逃し、北朝鮮が2大会ぶり4度目の優勝を果たした。

想定通り、決勝の舞台で迎えたアジアの頂上決戦。女子のU-17世代では世界屈指の強豪である日本と北朝鮮が激突した。

日本の先発は、GKがグループ2戦目以来となる坂田湖琳。DFは右から福島望愛、太田美月、牧口優花、鈴木温子が並んだ。

中盤はアンカー気味に榊愛花が立ち、やや高めの位置に長身MF平川陽菜と今大会3得点のキャプテン眞城美春。サイドは右に古田麻子、左に木下日菜子が入り 、1トップは佐藤ももサロワンウエキが務めた。

試合は開始から北朝鮮が強烈なプレッシング。パワーとスピードに技術を兼ね備えた相手はここまでの比ではなく、日本が今大会初めて一方的に押し込まれる。

幾度となくピンチを迎えたものの、GK坂田が好セーブを連発。なんとか無失点でしのぐと、ペースを落とした北朝鮮に対してボールを握れるようになり、日本の時間も増えていった。

スコアレスで折り返した後半、日本は平川に代えて今大会好調のウィンガー菊地花奈を投入。木下を平川の位置に移すが、直後の46分に守備陣の連携ミスからジョン・イルチョンに先制弾を許してしまう。

その後も日本は全体的に後手を踏み、クロスバーに救われる場面も。171cmのFW津田愛乃音など新しい選手を入れながら巻き返しを目指したが北朝鮮ゴールは遠く、そのまま0-1で敗れている。

なお、北朝鮮と日本、そして3位決定戦で中国に2-1で勝利した韓国が、今年10月からドミニカ共和国で開催されるU-17女子ワールドカップに出場する。

元記事で読む
の記事をもっとみる