1. トップ
  2. 恋愛
  3. [1]あの頃は親友だった・・もう会うことのない彼女。友達の彼氏|ママ広場マンガ

[1]あの頃は親友だった・・もう会うことのない彼女。友達の彼氏|ママ広場マンガ

  • 2024.5.19
  • 4344 views

恋をすると毎日がワクワクドキドキ・・・
何気ないことでも一喜一憂したり、楽しい気持ちばかりではないこともありますよね。
今回は、アユさんが今でもふとした時に思い出す、大学時代の恋のお話です。

友達の彼氏[1]サユリという親友

ママ広場


ママ広場


「カナちゃんだーいすき!」
「わたしもユウちゃんだーいすき!」

ママ広場


2人ともほんと仲良しだよね~と笑うママ友。
そんな無邪気な2人の様子をぼんやり眺めながら、私は大学時代のことを思い出していた。

ママ広場


大学生の頃、私にはサユリという親友がいた。
寝不足を心配してくれる優しいサユリ。
「少し寝たら?時間になったら起こすから。」
そんなことばが心地よく、安心してサユリの隣で居眠りをする私・・・

ママ広場


「あれー?アユ寝てんの?」
いつもの仲間。

ママ広場


「そう、寝かせてあげたいからシー!ね?」
自然な仕草もいつだって可愛いサユリに男子はメロメロ・・・
「なあ今度2人で遊びに行かね?」
サユリを誘いたい男子は少なくない。

ママ広場


「行かないよ?私、アユと出かける約束が最優先だからさ。」
男子の誘いをいつもサラリとかわすサユリだけど、全く悪気がないところがまた男子をやきもきさせるんだろうな。

「でもさあ、」

ママ広場


「アユも、毎日サユリとばっか一緒じゃ疲れるんじゃねーの?」
その一言にサユリの顔色が変わった。

ママ広場


「え?それどういう・・・」
明らかにサユリが困惑してる。
じゃ、そろそろ起きようかな。

「あーもーうるせーなあー」

続きます

ママ広場オリジナルマンガ「友達の彼氏」は毎日更新します。お楽しみに!

----------------
※ストーリーは実話を元にした創作マンガです。
※登場人物や団体名は仮名であり、実在の人物や団体等とは関係ありません。

[脚本]ママ広場編集部 [作画]コハダさんさん

元記事で読む
の記事をもっとみる