1. トップ
  2. 恋愛
  3. LINEでわかる男性心理♡男性の「脈なしサイン」

LINEでわかる男性心理♡男性の「脈なしサイン」

  • 2024.5.19
  • 3687 views

LINEでわかる男性心理♡男性の「脈なしサイン」

「彼のことをもっと知りたい」「何かしらの接触がほしい」という欲求は自然ですが、相手の男性も同じ気持ちとは限らないでしょう。 今回は、彼からの「脈なし」サインとなるLINEのパターンを紹介します。

会話が短い、終わらせる雰囲気

「自分が興味を持っていない女性とのLINEでは、余計な期待を抱かせるようなことを避けるため、会話をあまり深めることはありません。なにげなく『そうですか』と返したり、一言で収めてしまうこともあります。だって彼女に対する興味がないんですから、LINEを伸ばす必要も感じないんですよね」(29歳/男性) もしかしたら、あなたのLINEがスムーズに進まないのは彼が関心を持っていないからかもしれません。 この場合、なんとなく終わらせてしまうのも、実は策なのです。 LINE以外の場でも彼と話せるような共通の趣味を見つけたり、自己磨きに励むと、片思いのストレスが減るかもしれませんね。

スタンプや絵文字のみの返信

「スタンプや絵文字だけの返信は、好意がない一方で、無愛想と思われるのも嫌なので平穏を保つために送っています。でも、それはかわいいものではなく、返しに困りそうなジョーク系のスタンプなどですね」(29歳/男性) 話を続けたいのにスタンプや絵文字だけの返信がきた場合、彼が退屈しているのかも、と判断した方がよいでしょう。

既読スルーが頻発

「既読スルーが多いというのは、好意がそもそもないサインです。その相手からメッセージが多くなればなるほど、それは迷惑なんです…。付き合っていない状況で『おやすみLINE』が毎日同じ時間にくると、それは怖いです。逃げたい感が増します」(35歳/男性) 「今、LINEをする雰囲気ではないんだな」と割り切るのがよいでしょう。 その彼にLINEでアプローチしても何の効果もない場合もあるので注意が必要です。

男性の「脈なし」サインに早めに気づく

恋心というのは、長い時間を共有すると深い感情が芽生えがちです。 「脈なしなら別の人を探すべきだ」と早めに決断することが、素敵な恋愛への第一歩と言えるでしょう。 (愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる