1. トップ
  2. グルメ
  3. 【京都】緑広がるテラス席にうっとり。伏見稲荷大社すぐの「Vermillion – cafe.」で絶品&絶景ブランチ

【京都】緑広がるテラス席にうっとり。伏見稲荷大社すぐの「Vermillion – cafe.」で絶品&絶景ブランチ

  • 2024.5.19
  • 4453 views

伏見稲荷大社からすぐにある「Vermillion – cafe.(ばーみりおん かふぇ)」は、オーストラリアに長くお住まいだったご夫婦が、現地の雰囲気をそのまま京都に展開したいと立ち上げたお店です。池に面したテラス席は目の前に緑が広がり、癒やされることまちがいなし!大人気のブランチとコーヒー、こだわりのスイーツを紹介します。

オーストラリア・メルボルンをイメージしたカフェ

るるぶ&more.編集部

「Vermillion – cafe.」があるのは、京都の名所、伏見稲荷大社のすぐそば。店名のVermillionは“朱色”という意味で、伏見稲荷大社の千本鳥居をモチーフに名付けられました。

るるぶ&more.編集部

オーストラリア・メルボルンで長く生活していた木村美和さん・茂生さんご夫妻が、夫の地元だったこの地にUターン。2013年、伏見に1店舗目となる「Vermillion espresso bar & info.」を立ち上げ、2016年に2店舗目となる「Vermillion – cafe.」をオープンさせました。

るるぶ&more.編集部

外国人に大人気の伏見稲荷大社のお膝元とあって、「Vermillion – cafe.」も8、9割が外国の方々。取材時も、あちこちで英語や中国語、イタリア語などあらゆる言語が飛び交い、とってもインターナショナルな雰囲気でした。

るるぶ&more.編集部

人気の理由は、この見事なテラス席! 当初は住居用にと考えていた物件でしたが、「この景色を見ながらのんびりすれば、旅の疲れも癒やされそう」と店舗への改築を決意。木々に囲まれるように過ごせると口コミで広がり、今では開店から閉店までゲストが途切れることがないほどの人気店となりました。

テラスで楽しむ絶品ブランチとコーヒー

バリスタが手際よくドリンクを作っていきます
バリスタが手際よくドリンクを作っていきます

メニューは、日本食をひと通り満喫した外国人観光客が「そろそろいつもの味が食べたいな」と思うときにぴったりなものばかり。オーナー夫妻が長く住んでいたメルボルンのカフェでいただけるような、プレートメニューやオープンサンドが自慢です。

「バーミリオンプレート」2000円
「バーミリオンプレート」2000円

看板メニューの「バーミリオンプレート」は、うま味たっぷりの厚切りベーコンと地元の精肉店「いがや」から取り寄せたパリッとジューシーなソーセージに加え、京都の老舗パンメーカー「進々堂」のトースト、自家製ベイクドビーンズやローストポテトなどを盛り込みます。

るるぶ&more.編集部

「どれも一般的なものなんですよ」と木村さんは謙遜しますが、しっかり焼かれたベーコンのボリューム感も、ほどよい半熟状態のポーチドエッグも、スパイスの利いたローストポテトも、ひとつひとつが丁寧でとっても豊かな味わい。ひとつのプレートで、煮込み・焼き・フレッシュとさまざまな調理法を楽しめるのもうれしいです。

「カフェラテ」500円
「カフェラテ」500円

コーヒー豆は京都の人気焙煎所「WEEKENDERS COFFEE」のオリジナルブレンドを使用。できるだけメルボルンのコーヒーの味に近づけたいと、なんと焙煎士さんを連れてオーストラリアでカフェ巡りをし、イメージを共有してから仕上げたというスペシャルなものです。

るるぶ&more.編集部

「オーストラリアでは7、8割の方がミルク入りのコーヒーを飲まれるので、ミルクと合わせたときにちょうどいいコクと、ほどよい酸味を追求していただきました」と木村さん。オーストラリアでの定番メニューで、カフェラテとよく似た「フラットホワイト」500円もラインアップしています。

グルテンフリーの宇治抹茶ガナッシュも人気

「宇治抹茶ガナッシュ」850円
「宇治抹茶ガナッシュ」850円

世界中からさまざまなルーツを持った人が集うので、ビーガン対応やグルテンフリーメニューも取り揃えます。なかでも人気なのが、グルテンフリーの「宇治抹茶ガナッシュ」。小麦粉は一切使わず、抹茶とホワイトチョコなどで仕上げた冷たいケーキです。

るるぶ&more.編集部

フォークで取り分けるとホロホロと崩れるのに、口に入れるとねっとり感が楽しめる、なんとも不思議な食感。抹茶の風味もしっかり堪能でき、病み付きになるおいしさでした。

徒歩で1分の系列ショップ「朱 SHU.」でおみやげをゲット

るるぶ&more.編集部

せっかく京都に来たからには、京都らしいおみやげもぜひ手に入れたいですよね。「Vermillion – cafe.」から徒歩1分ほど坂を上がったところにある系列のおみやげショップ「朱 SHU.」は、カフェで使われている食器や手仕事を大切にしたアイテムがずらり。おみやげ選びに最適です。

るるぶ&more.編集部
バーミリオンプレートで使われるお皿は有田焼のもの
バーミリオンプレートで使われるお皿は有田焼のもの

シンプルで使い勝手のよいTシャツやエコバックをはじめ、茶器や扇子、カトラリーなど、センスを感じるアイテムばかり。カフェタイムのついでに訪れて、ゆったり買い物も楽しみましょう。

伏見稲荷大社のお膝元で、自然に囲まれながらおいしい食事がいただける「Vermillion cafe」。開店直後は行列必至ですが、12時以降は比較的落ち着くそうなので、ぜひ立ち寄ってテラスでゆったりくつろいでみてはいかがでしょう。

■Vermillion – cafe.(ばーみりおんかふぇ)
住所:京都府京都市伏見区深草開土口町5-31
TEL:なし
営業時間:9時~15時30分(ブランチは13時30分まで)
定休日:不定休 ※公式SNSを要確認

 


Text&Photo:木村桂子(ウエストプラン)

●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

元記事で読む
の記事をもっとみる