1. トップ
  2. 恋愛
  3. 義実家を訪問中…つわりが酷い嫁に『あっ!そうだ!』”ありえない提案”を!?⇒周囲がドン引き…他人をイラっとさせるダメ行動

義実家を訪問中…つわりが酷い嫁に『あっ!そうだ!』”ありえない提案”を!?⇒周囲がドン引き…他人をイラっとさせるダメ行動

  • 2024.5.18
  • 6092 views

人との関わりの中で起きる問題の根底には、しばしば自分の行動パターンが影響している可能性があります。 ここでは、他人に不快感を与えかねない行動パターンを見ていきましょう。

一貫しない態度

「仲よくなった職場の女性が部下に冷たい一面を見せた瞬間、彼女への関心が一気に冷めました。職場内の人々への接し方に違いがあるということに驚いたんです」(28歳男性) 人はあなたがどのように他者と接しているか、意外と敏感に察知しています。 信頼関係を構築する上で、態度の一貫性が欠けていると不利になることが多いです。

批判癖がある

「明るく社交的な印象を持っていた人が、親しい友人と一緒にいる際に露骨な批判を口にしているのを聞き、ショックを受けました」(25歳女性) 人を批判することは、周囲の雰囲気を一気に下げることがあります。 どんな状況でも「ポジティブなことを話すようにする」ことが肝心です。

秘密の愚痴アカウント

「付き合っている彼女のスマホに僕の知らないSNSのアカウントがあったので、中身を見てみたんです。そこには彼女の日々のストレスや攻撃的なコメントが書かれていて、その時点で関心が薄れました」(26歳男性) 恒常的に愚痴やマイナスな発言を繰り返すアカウントは避けたほうがよいでしょう。 もし使っているとしても、他人に見つからない工夫をすることが重要です。

周りに気を配れない

「義実家を訪問中…つわりが酷く大変なタイミングだったのですが『あっ!そうだ!明日私の実家に行かない?』とありえない提案をされて…配慮の無さに絶句しました。」(30代女性) どれだけ親しい関係でも、配慮のなさにはガッカリしてしまいがちです。 可能な限り、日々の行動に気を配ることが望ましいでしょう。 (愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる