1. トップ
  2. インテリア
  3. 助っ人登場!「にしこ…?」両親が到着し、いざ検査結果説明へ|卵巣出血にご用心

助っ人登場!「にしこ…?」両親が到着し、いざ検査結果説明へ|卵巣出血にご用心

  • 2024.5.17
  • 1753 views

これは、にしこ/体験談漫画(@nishiko.essei)さんが数年前、卵巣出血のため痛い経験をした実話です。毎月、生理周期の中で1日だけ、数十分程度でおさまる下腹部痛があったというにしこ/体験談漫画さん。毎月のことだからと、痛みを気にとめていなかったといいます。ある日、痛みがあった夜に彼氏・うみくんと性交渉を行った結果、未経験の痛みで救急受診することに。当時の状況を記録するとともに「自分の体を大切にしてほしい」というメッセージが詰まった漫画です。検査を終えたにしこ/体験談漫画さんは、優しい看護師に声をかけられたのち、1人でベッドに横になり医師に呼ばれるのを待っていました。すると数分後カーテンがパッと開き、そこに現れたのは…。『卵巣出血にご用心』第23、24話をごらんください。

うみくんナイスですね〜!こんな緊急を要する時、両親が来てくれるなんて、にしこ/体験談漫画さんにとってはとても心強いはず。検査結果を1人ではなく、一緒に聞いてもらえるというのもありがたいですよね。

体に異変を覚えたら「NO」自分の卵巣を大切に

女性にはよくある、子宮や卵巣付近の痛みや違和感。生理前や排卵期など、時期によって不調が起きる方はいるでしょう。そんな体調不良に慣れてしまうと「いつものこと」と考え、症状を見過ごしてしまうことはあるかもしれません。しかし、そんな不調が体からのSOSであることも。

この漫画の作者であるにしこ/体験談漫画さんは数年前、下腹部痛がある日に性交渉をしたあとに卵巣出血を起こしてしまいました。毎月下腹部痛があったため、性交渉をしても問題ないと思ったそうです。

翌日に受診した結果「卵巣出血」と診断。数日間の入院を経て、軽症だったにしこ/体験談漫画さんは無事に退院することができました。重症のケースでは手術になることもあるようです。

自分の体の異変は、自分自身がもっとも気づくものです。少しの異変でも「あれ?」と思ったらなるべく安静にしましょう。回復しないときは、ためらわずに病院を受診してくださいね。

著者:ochibis

元記事で読む
の記事をもっとみる