1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 深夜に襲われた26歳女性「ベランダから侵入者」「手にハサミ」

深夜に襲われた26歳女性「ベランダから侵入者」「手にハサミ」

  • 2024.5.17
  • 2031 views

「今日もいつもの日常が続いて、終わるはず」と、誰しも無意識のうちに心の中でそのように思っているのではないでしょうか?しかし「いつもの日常」が突然壊れてしまうこともあります。この記事ではイラストレーターのオキエイコ(@soroe.handmade)さんが遭遇した『知らない人が窓から入ってきた話』を紹介。刃物を持ち「殺すぞ」と脅す侵入者に対して、オキエイコさんはどのように抵抗したのでしょうか?ごらんください。

いつもの日常に突然の「侵入者」

オキエイコ(@soroe.handmade)さんは26歳のとき、うさぎを飼いながら仕事をし、彼氏にその日のできごとを離すという平和な毎日を過ごしていました。

しかしある日、なんと刃物を持った知らない男性が家に侵入してきたそうなのです。「叫んだら殺す」と言われたにも関わらず、とっさの事態ながら大声で叫んだオキエイコさん。

1人でいるときにこんな状況になったらと考えただけで恐ろしいシーンです。

絶体絶命の状況!しかし犯人の一言で反撃を決意

犯人はオキエイコさんに馬乗りになり、首を締めながらはさみを突きつけます。

「殺される」と絶体絶命の状況にあきらめていたオキエイコさんでしたが、「パンツ脱げ」との犯人の言葉に反応し、反撃モード開始。

近くにあったペンで犯人の首を攻撃したのです。

まさに命の危険を感じる状況で、とっさに身を守る行動をとれたのはすごいことですが、きっと本当に怖かったことでしょう。

必死に犯人と戦うオキエイコさん

そしてまだつながっていた電話を切るために犯人が離れた隙に、キッチンばさみを手にして犯人と戦おうとしたオキエイコさん。本来は身を守るために逃げることを選択したいところですが、状況によっては応戦するしかない場合もあるのかもしれません。

「殺されるか、殺人者になるか、帰るか、どれが賢いか」「彼氏が通報したら逮捕」という言葉に、犯人はそのまま窓から逃げていったそうです。

オキエイコさんは必死の抵抗により助かりましたが、本当は戦うことより命を守ることの方が大切です。オキエイコさんも漫画の中で「後から考えれば、この時の隙に玄関から逃げればよかったのかなーとも思うのですが」と振り返っています。

たとえ護身術を習っている女性だったとしても、本気で攻撃してくる男性の力にはかなわないことも。ないに越したことはありませんが、もしオキエイコさんのような状況になったときは、反撃よりも逃げて身を守ることを最優先に考えましょう。

女性の犯罪被害について考えさせられる作品でした。

『知らない人が家に入ってきた話』の著者であるオキエイコさんは、この漫画にこめた思いについて以下のようにコメントしています。

「お恥ずかしながらあの事件の1秒前までは、自分がこんな事件に巻き込まれるなんて考えた事もありませんでした。

でもそれはきっと、この文を読んでくださっている皆さんの多くにとってもそうだと思います。まさに1秒後、あなたのその後ろの窓から変質者が入ってくるなんて、想像できますか?そのくらい『事件』は突然やってきました。

性被害は人に相談しにくく、相談された側もどう応えていいのか回答が難しい。『なかったこと』にされることも少なくないと思います。

だからこそ、声をあげてもいいことを伝えたくてこの漫画を描きました。人に伝えたい、というより、自分自身に言い聞かせたいという側面が強かったです。

老若男女関係なく、被害者にも加害者にもなってしまう可能性がある性被害。なので誰が読んでも読みやすく重くなりすぎず、でも伝えたいことが伝わる漫画を心がけました。性被害に興味のない層の方にも読んでいただき、社会全体でアンテナを張っていただけたらと思い描かせていただきました。」

この漫画は犯罪被害体験談を紹介したものです。このような被害に遭っている、あるいは遭った経験のある方のために、内閣府の男女共同参画局では『性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター』を設置しています。

自治体によってはこのほかにも犯罪被害者支援センターを設けている場合があります。必要に応じて相談をご検討ください。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる