1. トップ
  2. レシピ
  3. 一流料理店を引き継ぎ…オーナー「安い鶏肉で偽装して」私「え?」しかし数日後⇒調査員が来店することに…私「最後の忠告です」

一流料理店を引き継ぎ…オーナー「安い鶏肉で偽装して」私「え?」しかし数日後⇒調査員が来店することに…私「最後の忠告です」

  • 2024.5.16
  • 23567 views

皆さんは、レストランを経営した経験はありますか? 今回は「利益を優先するオーナー」にまつわる物語とその感想を紹介します。

オーナーになった姉

父が亡くなり、一流料理店を引き継いだ主人公の姉。 しかし姉がオーナーになってから、売り上げは右肩下がりでした。 ある日、主人公は姉に「料理長になって、店の改善点を探してほしい」と頼まれます。 主人公は了承して、スタッフに聞き込みをしました。 その結果、姉が利益を優先したため、品質が低下した食材を使っていることがわかります。 主人公は姉に忠告しますが、姉はまったく話を聞かず…。 挙げ句の果てに、主人公にまで「安い鶏肉で偽装して」と言ってきました。 主人公は「え?」と驚愕して、要求を拒否します。 すると数日後、調査員が来店することになり…。

最後の忠告

lamire
出典:Youtube「Lineドラマ」

主人公は「一度失った信用は二度と取り戻せない」と姉に伝え「これが最後の忠告です」と告げたのでした。

読者の感想

父が残してくれた料理店で信用を失うようなことをする姉にガッカリしますね…。 利益を求めることは大切ですが、食品偽造はしてはいけないと感じました。 (40代/女性)
利益も大切ですが、品質を低下させると満足度も下がりますよね。 信用はなかなか取り戻せないですが、忠告を聞き入れて立て直してほしいです。 (30代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。 ※記事内の行為は犯罪です。絶対に真似をしないようにしてください。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。 ※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。 (lamire編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる