1. トップ
  2. お仕事
  3. ブラック企業を辞め転職したが…前の職場から”1本の電話”が!?⇒私「どうしたんですか?」部長「どうもこうもないよ!」

ブラック企業を辞め転職したが…前の職場から”1本の電話”が!?⇒私「どうしたんですか?」部長「どうもこうもないよ!」

  • 2024.5.16
  • 64834 views

皆さんは、職場環境に不満を抱えた経験はありますか? 今回は「社員の意見をうやむやにする上司」にまつわる物語とその感想を紹介します。

イラスト:エトラちゃんは見た!

一般事務員

建設会社の一般事務員として働く主人公。 主人公の職場には経理や人事などの部署が存在せず、すべて一般事務員が担当していました。 主人公のほかに、もう1人一般事務員として働く先輩がいるのですが…。 その先輩は仕事でミスが多く、主人公は先輩の仕事のフォローまで任されていたのです。 社員が主人公にばかり仕事を振るため、残業続きだった主人公。 上司に業務内容の見直しや増員を提案するも、いつもうやむやにされてしまいます。 ついに我慢の限界がきた主人公は退職を決意。 その後、働きやすい職場に転職し、快適な日々を送っていました。 そんなある日、前の職場の上司から突然電話がかかってきて…。

電話に出ることに

lamire
出典:エトラちゃんは見た!

困惑しながらも「どうしたんですか?」と電話に出た主人公。 すると上司は「どうもこうもないよ!」と言い…。 「君が辞めてから会社がメチャクチャなんだ!」と泣きついてきたのでした。

読者の感想

1人の社員にばかり負担がかかるのは、よい職場環境とは言えません。 このような結果を招いたのは、主人公の意見をうやむやにし続けてきた上司の責任だと思います。 (20代/女性)
経理や人事などの仕事も、一般事務員の主人公がやっていたとは驚きです。 負担が増え残業続きだった主人公が、無地に転職できてよかったと思います。 (40代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。 ※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。 (lamire編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる