1. トップ
  2. レシピ
  3. 伝統×モダンな本格メキシカン『KUMA CANTINA』が東京・東中野駅前にグランドオープン

伝統×モダンな本格メキシカン『KUMA CANTINA』が東京・東中野駅前にグランドオープン

  • 2024.5.14
  • 96 views

KUMA CONCEPTS INC. は、伝統×モダンな本格メキシカンを楽しめるメキシカンダイニング『KUMA CANTINA(クマ カンティーナ)』の第一号店を、5月11日(土)に東京都中野区の東中野駅付近にグランドオープンした。

伝統×モダンな本格メキシカンダイニング

『KUMA CANTINA』は、メキシコにルーツを持つ創業者兼CEOのダニエル・バレンシア氏が、「メキシコ料理=タコスやテックス・メックス(アメリカナイズされたメキシコ料理)」という限定的な解釈を変え、日本により本当のメキシコ料理を届けたいという思いから誕生した。

バレンシア氏は、2017年にUberの日本立ち上げのオペレーション責任者として日本に赴任以降、FOODNEKOやfoodpandaなど数々のフードデリバリーの日本でのオペレーションをCOOとして手掛けた。日本を好きになり、会社を離れた後も日本に在住し、DJとしても活動している。

同氏は、メキシコ人である母の味を恋しく思い、メキシコ料理を振る舞うイベントを開催するうちに、「より本格的なメキシコ料理と、インターナショナルでモダン、楽しいダイニング体験をもっと日本に広めたい」と感じ、『KUMA CANTINA』の一号店をオープンした。

日本のエッセンスも加えたメキシコ料理

『KUMA CANTINA』では、伝統的メキシコ料理にモダンなメキシコ料理とクリエイティビティをブレンドし、“本当のメキシコ”を体現する高品質な食材と本格的なスパイスを使って作られたメニューを提供する。また、日本の素晴らしい海の幸を最大限に活かし、新鮮な食材を料理に取り入れることで、日本のエッセンスを加えた本格的メキシコ料理というユニークで活気に満ちた味を生み出している。トルティーヤは、日本ではあまり見かけることのない本格的なものを自社で製造している。

繋がりや創造性、楽しさを大事にする店

さらに、『KUMA CANTINA』は、食事やドリンクを提供するだけの場所にはとどまらず、ニューヨーク、ロサンゼルス、香港、シンガポールのようなオーセンティックな味覚、モダンでくつろげる雰囲気、アットホームでコミュニティ中心の雰囲気、そして象徴的なブランドイメージを組み合わせて、新しいダイニング体験を日本にもたらすことを目指している。

予約は、公式InstagramのDMから受け付けている。

日本に“本当のメキシコ料理”を

バレンシア氏は、「今回KUMA CANTINAをグランドオープンできたことを非常に嬉しく思っています。多様で、常に進化している東京の食シーンですが、3,800万人の人口と160,000以上のレストランを擁する世界最大の大都市として、質の高い本格的なメキシコ料理店は著しく不足しています。2023年現在、東京都心(23区)だけでも150を超えるメキシコ料理店がありますが、タコスやアメリカナイズされたメキシカンの印象が強く、まだまだ日本人に“本当のメキシコ料理”が浸透していないと感じています。KUMA CANTINAを通して、伝統的×モダンな本格的なメキシコ料理、及びそのカルチャーを皆様に発信していけることを大変楽しみにしています。」とコメントしている。

『KUMA CANTINA』で、本格的なメキシコ料理と新たなダイニング体験を楽しんでみては。

■KUMA CANTINA 住所:東京都中野区東中野3-2-7 FAITH 1F 営業時間:火~日曜日 17:00~23:00 Instagram:https://www.instagram.com/kumacantina

(山本えり)

元記事で読む
の記事をもっとみる