1. トップ
  2. ディズニー悪役の子どもが主人公! シリーズ5年ぶりの新作『ディセンダント ライズ・オブ・レッド』7.12配信

ディズニー悪役の子どもが主人公! シリーズ5年ぶりの新作『ディセンダント ライズ・オブ・レッド』7.12配信

  • 2024.5.14
  • 87 views
映画『ディセンダント ライズ・オブ・レッド』ティザービジュアル (C)2024 Disney and its related entities width=
映画『ディセンダント ライズ・オブ・レッド』ティザービジュアル (C)2024 Disney and its related entities

ディズニーヴィランズの子どもたちが主人公の大人気ミュージカル映画シリーズの最新作『ディセンダント ライズ・オブ・レッド』が、7月12日に、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で独占配信される。

【写真】あわせて公開された、レッド、クロエら10名のキャラポス一覧

『ディセンダント』シリーズは、誰もが知るディズニーのヴィランたちの“子ども”が主人公のミュージカル映画。かつて一大現象を巻き起こした『ハイスクール・ミュージカル』シリーズで知られる名匠ケニー・オルテガが、“もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、10代だったら?”というアイデアに着想を得て製作したユニークな作品だ。

『美女と野獣』のベルとビーストなどの善人が暮らすオラドン合衆国と、魔法のバリアで覆われヴィランズたちが閉じ込められたロスト島を舞台に、『眠れる森の美女』マレフィセントの娘マル(ダヴ・キャメロン)や『白雪姫』イーヴィル・クイーンの娘イヴィ(ソフィア・カーソン)などのヴィラン・キッズたちの葛藤や成長、友情・恋をポップなミュージカル音楽とともに描いている。

“ヴィランズの子は悪なのか?”。悪名高きヴィランの子として育てられた子どもたちが、その生い立ちに悩みながらも、自分らしさを見つけていくというその物語は、斬新でありながら誰もが共感できる普遍性を併せ持ち、2015年に1作目が放送されるや世界中で大ヒットを記録。

放送当時、全世界では3200万人が視聴、初放送と同日に全米で発売されたサウンドトラックは、iTunesのサウンドトラックチャートで第1位を獲得、全アルバムチャートでも第2位を記録する大ヒット作となった。その反響を受け2017年と2019年には続編が製作されている。

第3作目では、ロスト島とオラドン合衆国の人々が手を取りあい、ヴィランと善人が共存する道を示すまでに成長したヴィラン・キッズたち。その感動のフィナーレから5年、今回シリーズ第4弾として『ディセンダント ライズ・オブ・レッド』の配信が決定した。

待望の4作目は、かつてロスト島にその悪名を轟かせ、マレフィセントの娘マルと敵対していた『リトル・マーメイド』アースラの娘ウーマ(チャイナ・アン・マクレーン)が登場。時は流れ、今やオラドン高校の新校長となったウーマ。彼女が呼び寄せたのは、『ふしぎの国のアリス』ハートの女王の娘レッド(カイリー・キャントラル)だった。ハートの女王と言えば、『ふしぎの国のアリス』では怒りっぽく、気に入らないことがあるとすぐに「首をはねろ!」という怖いヴィラン。その娘を呼び寄せ、ウーマはオラドン高校で一体何を仕掛けようとしているのか?

『ディセンダント ライズ・オブ・レッド』の主人公は、『ふしぎの国のアリス』ハートの女王の娘で破天荒なレッドと、『シンデレラ』の娘で完璧主義者のクロエ(マリア・ベイカー)。ハートの女王には、イギリスの人気歌手リタ・オラ。シンデレラ役には歌手のブランディが起用された。ブランディは、1997年に制作された映画『ロジャース&ハマースタイン:シンデレラ』でもシンデレラを演じている。

またアースラの妹ウリアナ(ダラ・レネー)の登場にも注目したい。本作では、ハートの女王がオラドン合衆国に対してクーデターを起こす。それに巻き込まれたレッドとクロエの2人は、協力して時をさかのぼり、運命を変えるために奔走することに。まるっきり正反対の2人は、力を合わせてこのピンチにどう立ち向かうのか――。若き日のハートの女王/ブリジット(ルビー・ローズ・ターナー)、若き日のシンデレラ/エラ(モーガン・ダドリー)にも出会うことになる。

ティザービジュアル、予告編に併せて、主人公のレッド、クロエをはじめとした個性豊かな10名のキャラポスも同時公開。それぞれのキャラクターイメージカラーを背景に、ディズニー・キャラクターらしい個性豊かな表情を見せている。特に、本作の主人公であるレッドの挑戦的な笑みは印象的だ。4作目となる今作でも、ひとりひとりのキャラクターがどんな活躍を見せてくれるのか期待を抱かせてくれるキャラポスとなっている。

『ディセンダント』シリーズの醍醐味の一つでもある心躍る楽曲の数々は今作でも健在! 7曲もの新曲に加え、名作アニメーション『シンデレラ』の「ソー・ディス・イズ・ラブ(邦題:これが恋かしら)」のカバーも登場。魅力的な音楽とキャラクターたちの歌に再び魅了されること間違いなしだ。また、ダンスも見どころ。振り付けには『グレイテスト・ショーマン』のアシュレイ・ウォーレンを起用するなど、本作も迫力あるダンス・ナンバーが期待できる。

注目のティザー映像では、レッドとクロエの衝撃的な出会いが描かれる。真夜中、オラドン高校に忍び込んだレッドは、その名前にふさわしい真っ赤なスプレーで壁中を染め上げていく。まるで1作目を彷彿とさせる演出だ。そこへやってきたクロエに、自分が「新しいルームメイト」であることを明かす。終盤でレッドがスプレーでハートに囲った肖像画では、これまでの『ディセンダント』シリーズの主人公マルとそのパートナーのベンが登場している。

映画『ディセンダント ライズ・オブ・レッド』は「ディズニープラス」で7月12日より独占配信。

元記事で読む
の記事をもっとみる