1. トップ
  2. おでかけ
  3. 東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】

  • 2024.5.13
  • 3523 views

大正11年開園の老舗遊園地「あらかわ遊園」で蘇るコドモ心!

荒川区北部の隅田川沿いにある「あらかわ遊園」に、なにやらとても可愛い「もなか」があると聞き、お休みの日に行ってきました。初めての「あらかわ遊園」にコドモ心がよみがえり、ワクワクしながら向かうと、住宅街の中から突然遊園地が現れびっくり!荒川区を中心に地元の人々に愛されている地域密着型遊園地と言われる理由が伝わってきました。

そんな「あらかわ遊園」は、なんと1922年(大正11年)に開園という老舗遊園地で、東京都内唯一の公営遊園地なのです。定番の乗り物をはじめ、動物たちとふれあえる広場や水あそび広場、釣り堀、カフェなどさまざまな施設があり、大型の公園のようでもある昔懐かしい遊園地となっています。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

住宅街の中に突然現れる観覧車とメリーゴーランドたち。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

メリーゴーランドはいろいろな動物に乗れます。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

天気が良ければスカイツリーや富士山も見える直径約38m、高さ約40mの「観覧車」。東京が一望できます。冷房も効いていて快適でしたよ!ゴンドラは全部で28台あり、そのうちの4台の白いゴンドラは床と椅子が透明の「スケルトンゴンドラ」となっています。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

ファミリーコースターは最高時速13.8kmのローラーコースター。「いも虫型の日本で一番遅いジェットコースター(自称)」とのこと。

さらに嬉しいのが入園料やアトラクション利用料の安さ!

〈入園料〉大人800円/小学生200円/中学生400円/65歳以上400円/未就学児無料

入園料も安いのですが、オススメはフリーパス。なんと入園料込みでアトラクション乗り放題(硬貨投入式小型遊具、釣り堀、動物のえさ、ポニー乗馬を除く)のチケットがこの価格。

〈フリーパス〉大人1,800円/小学生700円/中学生1,000円/65歳以上1,400円/3歳以上500円/2歳以下無料

 

どこを撮っても絵になる!都電のレトロ車両を改装した「cafe193」の「都電もなか」

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

入口付近の「いこいの広場」には、都電荒川線6000形車両最後の1台である6152号車が展示されています。6000形車両は、1947年(昭和22年)から製造され、車体のヘッドランプが丸くて1つであることから「一球さん」と呼ばれ、人々に長い間親しまれてきました。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

中はレトロモダンなカフェになっています。ベロア生地の緑の椅子がカワイイです。

今回はこのカフェで販売しているお土産が目的でここまで来たと言っても過言ではありません。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

まずご紹介したいのがこの吊り革!?のような「カタカタつりわぱん」!グリッシーニ生地で作ってあり、その名の通り硬いです!

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

パンの表面には砂糖が塗ってありほんのり甘く、懐かしい味。噛むほどパン生地の甘みも口に広がり、シンプルな形状で「吊り革」という面白い商品ですが、これがまたクセになる美味しさ!

 

そして今回一番の目的が、この昭和52年から愛され続けている「都電もなか本舗 菓匠明美」が作る「都電もなか」。

「明治44年から昭和40年代まで都民の足として慕われていた都電を、何とかして形に残したい」 そんな思いで考案したのが、この「都電もなか」なのだそう。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

レトロな包装紙をそっと開けてみると、なんと、電車が車両基地のようにズラリと並んでいました!

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

これは電車好きにはたまりません。ちゃんと運転士さんもセンターにおります。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

斜めに置いても美しい!

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

見とれてうっかり食べるのを忘れてしまいそうに。。再びそっと箱を開けてみると、納品されたばかりの新しい電車のように丁寧に薄紙に包まれている「もなか」が登場。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

こ、これはカワイイ!!食べるのを躊躇してしまうほどの可愛さです。他の「もなか」も連結させてちょっと遊びたくなってしまいます。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

大胆に真ん中で割ってみると、中にはたっぷりの北海道産最高級小豆を使った潰し餡、白玉粉から作った短冊状の求肥が。食べごたえも◎です。

 

東京土産を買いに大正11年開業の「あらかわ遊園」へ!昭和52年より愛され続ける「都電もなか」【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

箱を包んでいた包装紙には荒川線の路線図が書かれていて、昔懐かしいレトロ包装紙となっています。捨てずに取っておきたくなるイラストが特徴です。

形から包装にまでこだわったこの「都電もなか」は、年齢層を問わずお土産として、そして全国の鉄道ファンの方にまでも人気の一品となりました。

天気の良い日に公園に行くような気分で、ぜひ「あらかわ遊園」へ出かけてみてください。

 

身近な日本の軌跡と奇跡。旅するデザイナーrumiのInstagram。
@find_rumi

 

元記事で読む
の記事をもっとみる