1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【超納得】長続きカップルの「優しいウソ」とは?

【超納得】長続きカップルの「優しいウソ」とは?

  • 2024.5.10
  • 1109 views

子どもの頃には「ウソをついてはいけない」と繰り返し教えられました。 しかし、恋愛においては一部のウソがよい結果をもたらすこともあるのです。 今回は、恋を長続きさせるための「優しいウソ」を紹介します。

「すごく楽しい!」

男性と過ごすときは、ポジティブな感情を大げさに表現することをおすすめします。 ネガティブな感情はなるべく隠すようにしましょう。 デートの際には、些細なことでも「とても楽しい!」や「うれしい!」と言った言葉を言うのがおすすめです。 それが本心でなくても「今日のデートはあまりよくなかったな」と言うよりは全然よいでしょう。

「初めての経験だね!」

男性の多くは、女性の「初めて」になることを望んでいます。 そのため、男性と過ごすときは、なるべく未知の世界に踏み込む女性として振る舞うとよいでしょう。 たとえばデートの行き先が、すでにあなたが訪れたことがある場所であったとしても「ここ、初めてだからすごく楽しみ!」という「優しいウソ」をついてみてください。 しかし、ウソをつくときはきちんと最後までバレないように守ることが大切です。 逆に相手を傷つける結果を招いてしまいます。

「知らなかった!」

男性が得意げに何かを話すとき「知らなかった!」と反応することが一つのポイントとなります。 「すごい、君って知識が豊富だね」と感心してあげましょう。 しかし、何についても知らないフリをすると教養がないと思われてしまうので、適度に知識を持っていることを示すようにしましょう。

「何もなかったよ!」

恋愛における最大のウソは、おそらく浮気があげられるでしょう。 浮気かどうか微妙なラインの行動に関しては、はっきりと否定することをおすすめします。 例えば、同僚と2人で食事に行き、いい雰囲気になった場合には「少しいい雰囲気になったけど、何もなかったよ」という正直な答えを伝える方が、男性を傷つける可能性があります。 そのようなときには「ただ話を聞かされるだけだった」と優しい嘘をつきましょう。 食事に行ったことすらも隠すことができる場合は、隠す方がいいかもしれません。

恋愛における「優しいウソ」を知る

誰しも完全に正直な関係など存在しないでしょう。 特に人間関係においては、自分の思ったことをすぐに言うことは少ないはずです。 相手を喜ばせるために、自分が実際に思っていなくても優しい言葉を投げかけることが恋愛において必要なことになります。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる