1. トップ
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』、物語のキーマンを演じる青木柚&前田敦子のインタビュー映像到着 入場者プレゼントも決定

映画『不死身ラヴァーズ』、物語のキーマンを演じる青木柚&前田敦子のインタビュー映像到着 入場者プレゼントも決定

  • 2024.5.8
  • 96 views
映画『不死身ラヴァーズ』に出演する青木柚 (C)2024「不死身ラヴァーズ」製作委員会 (C)高木ユーナ/講談社 width=
映画『不死身ラヴァーズ』に出演する青木柚 (C)2024「不死身ラヴァーズ」製作委員会 (C)高木ユーナ/講談社

見上愛が主演する映画『不死身ラヴァーズ』より、物語のキーマンを演じる青木柚と前田敦子のインタビュー映像が公開された。

【動画】物語の重要なキャラクターを演じる青木柚&前田敦子が撮影や役柄を振り返る インタビュー映像

本作は、松居大悟監督最新作のラブストーリー。原作は、構想に10年かけ長きにわたり「諦めることができなかった」と松居監督を魅了した高木ユーナの同名漫画。主人公・長谷部りのを本作が初の映画単独主演となる見上愛が飾り、りのの運命の相手役の甲野じゅんを佐藤寛太が務める。

今回解禁されたのは、りのの親友・田中を演じた青木柚、りののバイト先の先輩・花森を演じた前田敦子が作品の魅力を語るインタビュー映像。

主人公・りのの恋愛を見守る親友・田中を演じた青木柚には、松居監督が「この役は日本で青木柚しかできない」と語るほど絶大な信頼を置いている。クランクアップに撮影された映像では、青木が田中とりのの関係性について「認識とずれないように、微妙な感じを保つことを意識した」とコメント。また松居監督の印象について「松居監督は役者のすごく近くで芝居を見られる方。前回(映画『アイスと雨音』)ご一緒した時とそのスタンスが変わっていなくて安心しました。芝居を大事にしてくれる監督が素敵だと思った」と語っている。

映画『くれなずめ』でヒロインを演じた前田敦子は、今作でりののバイト先の先輩・花森を演じている。物語の後半で、りのに“ある気づき”を与える重要なキャラクターだ。前田は花森役について「今回は情緒のないフラットな役柄でした。前回は怒鳴り散らす、男たちに唯一勝てる女性だったので」と笑う。今作について「本来の松居監督らしい温かさが出た作品」といい、台本を読んだ時点では、「どうなるか全くわからなかった」と振り返りつつ「男女問わず人のことを大好きと思えるってすごくいい。改めて偽っていない本来の感情にかえってみようと思いました」と感想を述べている。

松居監督も「前田さんのどーんとした存在感と優しさには圧倒的な信頼感があるので、りのにとって驚きのポイントでもあり、重要な気づきのポイントにもなると思ったので、前田さんがやっていただけると聞いて、この映画はもう大丈夫だと安心しました」と語っている。

さらに5月10日の公開を記念して、入場者プレゼントが決定。内容は原作者・高木ユーナ直筆のオリジナルポストカード。原作版(右側)&映画版(左側)のりのとじゅんがイラストで描かれ、「L」「O」「V」「E」という文字をそれぞれ持ったキュートなデザインに仕上がっている。5月9日には原作漫画「不死身ラヴァーズ」の完全新作(読切90ページ)が別冊少年マガジン(マガポケにも)掲載されることが決定している。

また、テアトル新宿、シネ・リーブル池袋にて、劇場オリジナルドリンクとして「苺の純愛ピュアソーダ」の販売が決定。まっすぐな恋心を応援する、イチゴとカルピスの甘酸っぱいソーダだ。また、キャンペーンとして、パンフレットまたはオリジナルドリンク購入者へキャストのサイン入りポスターのプレゼントも実施中。

映画『不死身ラヴァーズ』は、5月10日より全国公開。

映画『不死身ラヴァーズ』青木柚&前田敦子インタビュー映像

元記事で読む
の記事をもっとみる