1. トップ
  2. 恋愛
  3. 山下幸輝が休載中の漫画家役に、3人の幽霊との出会いが過去と未来を繋いでいく …『マンガ家、堀マモル』setaによる主題歌の配信が開始

山下幸輝が休載中の漫画家役に、3人の幽霊との出会いが過去と未来を繋いでいく …『マンガ家、堀マモル』setaによる主題歌の配信が開始

  • 2024.5.6
  • 1404 views
山下幸輝が休載中の漫画家役に、3人の幽霊との出会いが過去と未来を繋いでいく …『マンガ家、堀マモル』setaによる主題歌の配信が開始
撮影中の様子 (C)2024「マンガ家、堀マモル」製作委員会

槇原敬之によるエンディングテーマの配信も開始、コメントも到着!

ドラマ『君の花になる』で注目を集めた山下幸輝が主演を務める映画『マンガ家、堀マモル』。本作の原作を手掛けたsetaによる主題歌、槇原敬之によるエンディングテーマの配信が開始され、両者からコメントが到着した。

本作は、描けなくなってしまった新人漫画家・堀マモルの前に、3人の幽霊が現れたことから巻き起こる様々な出来事が、過去と現在そして未来を繋ぐ物語。シンガーソングライターであるsetaが原作を紡ぎ、レジェンド声優・内海賢二のドキュメンタリー映画『その声のあなたへ』(22年)や横浜流星主演の短編映画『MIMI』(22年)の榊原有佑、本作が初監督となる武桜子、オムニバス映画プロジェクトMothers『だめだし』(24年)の野田麗未の3人が監督を務める。

新人賞を撮って以来、描きたいものがなくなり、休載中の漫画家・堀マモル。苦悩するマモルの部屋に突如、幽霊の海・樹・愛が現れ、「漫画を描かせてあげる」と言う。

小学生の海は母にさみしいと言い出せなかった想いを、中学生の樹は周りにうまくなじめず孤独を感じていた自分を救ってくれた教師への想いを、高校生の愛は一緒に夢をかなえようと誓った友への想いを語り、彼らの話をマモルは3篇の漫画に描き上げていく。そしてマモルはいつしか、大切なひと・春との別れや果たせなかった約束…心の奥底にしまっていた過去と向き合い始める。3人の幽霊はなぜマモルの前に現れたのか? 自分をごまかしながら生きてきたマモルがたどり着いた真実とは。

5月1日より、本作の原作を紡いだsetaの主題歌「さよなら僕ら」、槇原敬之のエンディングテーマ「うるさくて愛おしいこの世界に」配信がスタートした。原作及び主題歌を担当したsetaは、「コンプレックスを不器用がゆえのまっすぐさで超えていく堀マモルの背中をみなさんに見届けて頂けたら幸いです」とコメントを寄せた。

エンディングテーマを歌う槇原は、「脚本をいただいて、読み進めていくうちに、ものすごく感情移入してしまって。僕自身も主人公の堀君と同じように、思っていることをぐっと飲みこんでしまうところがあり、見透かされているような感じがしたのかもしれません。登場人物がみんな愛しくて、泣きながら周りの人と話をしながら読みました」と語り、主人公の目線になって歌詞を書いたことを明かした。

setaの主題歌「さよなら僕ら」、槇原敬之のエンディングテーマ曲「うるさくて愛おしいこの世界に」ともに、ジャケットにはsetaが描き上げたイラストが使用されている。本作のプロジェクト参加にあたり、setaと槇原は対談を実施しており、楽曲に込めたそれぞれの想い、シンガーソングライターとしての共通点などを雄弁に語っている。その模様は映画公式HPにて視聴することができる。

また、本作の漫画版が、電子書籍ストア「dブック」で5月17日より配信される予定だ。ひとつの物語から生まれた、ふたつの歌・絵・漫画・映画のプロジェクトが始動する。

■主題歌「さよなら僕ら」seta

はじめまして。『マンガ家、堀マモル』の原作と映画の主題歌「さよなら僕ら」を描いたsetaと申します。漫画家としてまだ売れていないけれど…「描きたい!」「描くんだ!」。そんなマモルと同じような衝動で、わたしは数年前、真っ白なWordにこの物語を描き始めました。そしてこの映画のプロデューサーや監督さんと出会い、山下さんにご出演いただくという想像もしていなかった流れを経て、今こうして皆様にも「堀マモル」という一人の男の子に、マンガや映画で触れていただけること、信じられない気持ちと感謝でいっぱいです。コンプレックスを不器用がゆえのまっすぐさで超えていく堀マモルの背中をみなさんに見届けて頂けたら幸いです。

■エンディングテーマ「うるさくて愛おしいこの世界に」槇原敬之

オファーをいただき、若い方と一緒に仕事ができる機会はなかなかないので、僕からも手を上げさせていただきました。
脚本をいただいて、読み進めていくうちに、ものすごく感情移入してしまって。僕自身も主人公の堀君と同じように、思っていることをぐっと飲みこんでしまうところがあり、見透かされているような感じがしたのかもしれません。登場人物がみんな愛しくて、泣きながら周りの人と話をしながら読みました。堀君の目線になって曲を書かせていただきました。

『マンガ家、堀マモル』は2024年夏公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる