1. トップ
  2. 恋愛
  3. JO1川⻄拓実、『バジーノイズ』での役は「本当に僕の中で大切な存在に」原作者・むつき潤からの手紙に感激

JO1川⻄拓実、『バジーノイズ』での役は「本当に僕の中で大切な存在に」原作者・むつき潤からの手紙に感激

  • 2024.5.6
  • 812 views
JO1川⻄拓実、『バジーノイズ』での役は「本当に僕の中で大切な存在に」原作者・むつき潤からの手紙に感激

川⻄拓実、桜田ひよりらが『バジーノイズ』特別前夜祭に登壇!

JO1・川⻄拓実が『バジーノイズ』特別前夜祭に登壇。桜田ひより、井之脇海、栁俊太郎、風間太樹監督と共に、公開を翌日に控えた今の気持ちや、撮影の裏側について語った。

マンションの管理人をしながら、音楽以外なにもいらないと一人だけのミニマムな生活をおくる青年・清澄役の川西。公開を控えて「みんなで一生懸命に撮った作品なので、皆さんに少しでも刺さったら幸いです。『バジーノイズ』は自分の中で大切な作品で、自分としても成長できた作品です」と思い入れたっぷり。JO1メンバーについては「もちろん見ていただけると思います。いや、見て頂かないといけない!」と期待していた。

清澄の音楽を聴いて初めて自分から好きなものを見つけ、世界が変わっていく女性・潮を演じた桜田。「去年の夏に皆さんと濃い日々を過ごして、それが一つの形になって明日お届けできると思うとドキドキとワクワクがあります」と初々しい表情。レコード会社に務めながら清澄たちと出会い、新たな葛藤が生まれていく航太郎役の井之脇は「遠足の前日やテスト前日はワクワクドキドキするけれど、それを観客の皆さんと一緒に共有できる機会はなかなかないので幸せです」と前夜祭を喜んだ。

清澄と共にバンドAZURの仲間となっていくベーシストの陸を演じた栁。「みんなで一つの音を頑張って作ったので、この映画は大丈夫だという自信があります」ときっぱり。風間監督も「音楽と共に、この映画がみなさんの日常に紐づくような存在になったら嬉しい」と呼び掛けていた。

SNSに寄せられた感想も紹介。演奏シーンについて絶賛を受けた川西は「こだわって撮影したので嬉しいです。陸と一緒に演奏した時に青春を感じた。音楽の楽しさを改めて実感しました」としみじみ。栁も「初めて音を合わせた時に、震えるものがあった。拓実君の生歌を間近で聴いて感動。これは間違いないと思った」と手応えを得ていた。

また映像の美しさについての感想が寄せられると、川西も「優しい色はこれだ!という大正解の画で僕も心を打たれた」と感想に共感し、桜田も「完成作を見た時に撮影中に私が感じた色や音が映像にそのまま映し出されている感覚があった。青色は温かいけれど切なくて懐かしくて儚い感じがする。それは作品の内容とキャラクターの中に眠っている感情にマッチしている」と分析していた。

作品の内容にちなんで「私の人生を変えた●●との出会い」を発表。風間監督は映画の面白さを教えてくれた「先生」、桜田は一目ぼれしたという「愛犬」だと述べた。川西は毎日着ているお気に入りの「デニム」といい「そのデニムを買って以降、洋服はなぜ作られたのか? どんな歴史があるのか?とその背景に意識がいって、最近は服を買う時はその歴史を調べてから買うようになった」と明かした。

「63°C」という井之脇は「牛、温泉卵、魚とか63°Cで低音調理したものは美味しい。今日は『バジーノイズ』と神の温度 63°Cだけ覚えて帰ってください!」と熱弁。栁は学生時代に経験した左足脛の複雑骨折といい「家で休んでいる間に映画観たり新しいものに出会ったり、それがきっかけでMEN’S NON-NOのモデルになれた。骨折に感謝。(笑)折ってよかった。ケガって次に繋がるチャンス。ケガなんて怖くないぜ、マジで。一回骨を折ってみたら人生変わるよ」と実感を込めて紹介。これに川西は「この後、折ってみようかな…」と変に感化されていた。

そんな中、サプライズで原作者・むつき潤からの手紙が読み上げられた。「映像化企画自体は連載当時からありましたが、完結後の今ここになったのは、川西拓実さんを見つけるための時間だったのだと、映画の中で音楽を鳴らす清澄を見た今となってはそう思います」と評された川西は「清澄と川西拓実は重なるものがあって、本当に僕の中で大切な存在になりました。これから活動する上でも心の中で生き続けると思います」とグッと来た様子。

一方、桜田は「マンガの潮が持つ魅力や担う役割はそのままに、映画『バジーノイズ』ならではの潮がそこにはいました。作者である僕自身、僕の知らなかった潮を知り、もっと潮が好きになれました」との言葉に号泣して「心に響きました。潮ちゃんを演じていて自分自身成長できるところ、気づかされることが沢山ありました。私の人生でとても大切な財産です」と涙を流しながら感謝していた。

風間監督には「風間監督をはじめ皆さんが、僕がひとりの身軽さと簡潔さをもって描き切ったものだけでは届かないところにも『バジーノイズ』という物語を響かせてくれるのだと感じています。素晴らしい映像化をありがとうございます」との言葉が送られ、井之脇にも「物語に、お洒落だけでは済まない体温と泥臭さをもたらすその右往左往は、井之脇さん以外考えられないくらいハマっていました」、栁にも「陸としてどう映るかを考えながら、体の一部のように楽器を扱うのは本当に大変だったと思います。音楽の中でベースという音が担う役割と同じく、音楽映画としての説得力を円井さんとおふたりで見事に体現されていました」との言葉が贈られた。

感動に包まれる中、主演の川西は「この映画には僕含め、キャスト、スタッフ、むつき先生の思いがこもっています。劇場で何回でも見てほしいです」とアピール。同じく桜田も「色々な方々の思いと力が詰まった大切な作品です。何度も劇場に足を運んで頂き、素敵な空気感を味わっていただきたいです」と呼び掛けていた。

『バジーノイズ』は現在公開中。

元記事で読む
の記事をもっとみる