1. トップ
  2. ファッション
  3. 2人のスタイリストがそろって指名した「探しても中々ない1本がある」注目のデニムブランド

2人のスタイリストがそろって指名した「探しても中々ない1本がある」注目のデニムブランド

  • 2024.4.27
  • 105 views

流行に左右されず、何年もそばに置いておきたいベーシックなアイテムこそ、こだわって選びたい。多くの服に触れてきたスタイリストならではのコメントとともに、それぞれの「とっておき」を聞きました。


【STYLIST MEMBERS】
(岩田槙子さん)モードなのにきちんと感もある、バランスのとれたコーディネートに支持が多数。 (塚田綾子さん)大人も試したくなる個性と遊びのあるアイテム選びを得意とし、デニム軸のカジュアルスタイルが人気。

毎年買う・チェックする「シルエットが秀逸なObladaのデニム」


季節がめぐってくるたび買い足すもの、ベーシックなデニムを探すブランドを聞き込みしたところ、2名のスタイリストが同じブランドを指名。あるようでなかったサイジングや加工感など。スタイリストが「これは!」と目をつけたアイテムをピックアップしてお届けします。



【IWATA’s SELECT】

あえてヴィンテージに寄せた名作


デニムパンツ 39,600円/Oblada(シンチ) シンゾーンでクリエイティブディレクターを20年務めた染谷真太郎氏が2022年に設立。ヴィンテージデニムなどから着想を得た緻密な加工感に注目。




【STYLING】

デニムパンツは着回し。白スエット 21,780円/Oblada(シンチ) シューズ 33,000円/ピッピシック(RHC ロンハーマン) 中に着たTシャツ/スタイリスト私物


ブランドのアイコンモデルに、高度なUSED加工をほどこした「1938 VINTAGE」。通常は生地がねじれない加工をするところ、ヴィンテージっぽさを出すためあえてそのまま使用。あたりや丈にいたるまで考えられた1本。



スタイリストお墨つきの注目ブランド
【全12選の一覧】
こんなデニムが欲しかった「デニムに似合う小物も充実」ベーシックの格が上がるデニムの名作

元記事で読む
の記事をもっとみる