1. トップ
  2. 恋愛
  3. 仕事の途中で夫が帰ると…ドアには“チェーン”がかかっていた!?妻を呼び出し家に入ると⇒『え…』男女で違う!“嘘”のつき方

仕事の途中で夫が帰ると…ドアには“チェーン”がかかっていた!?妻を呼び出し家に入ると⇒『え…』男女で違う!“嘘”のつき方

  • 2024.4.24
  • 5775 views

『え…』男女で違う!“嘘”のつき方

嘘をつくことは誰でもあります。 一般的には嘘と呼ばれますが、性別によりその嘘の表現や意図は異なります。 今回は、男女別の嘘を紹介します。

特定の様子

男性は嘘をつく際、特定の様子を見せることがあるようです。 それは動揺、言葉が多くなるといった特徴がよく見受けられます。 一方、女性が真実を隠す、あるいは嘘を紡ぐ際には、無言や一時的な会話の空白が生じることがあります。 男性であれば、その場の緊張感から物語を創り上げる、女性であれば、結果から避けるために口をつぐむといった傾向があります。

視線の傾向

事実と反することを告げるとき、男性は視線を外す傾向にあります。 一方、女性はむしろ相手と目を合わせ続けることを心掛けます。 男性は恐怖感から視線を外し、女性はその逆で対話の相手に嘘が見つけられないため、視線を持続させます。 この行動の違いから、男性の嘘が見破られやすいと感じるかもしれません。

嘘と真実の巧みな操作

女性は直感的に相手の言葉を解釈し、男性よりも強く、敏感性が高いとされています。 その結果、男性が嘘をつこうとしたとき、言葉の矛盾や行動パターンの変化に対して、早く気づく傾向にあると思われます。 男女間で見られる嘘の表現方法には、はっきりとした差異があるとは言えますが、この差異は嘘をつく背後の「意図」に依存する部分が大きいです。

男性と女性の「嘘の目的」の違い

「仕事中、一旦自宅に戻ったときがありました。 そのとき、ドアには普段使用しないチェーンがされていて… 慌てて妻を呼び出すも、玄関になかなか姿を見せずに違和感を抱きました。その後、妻の浮気が発覚しました…。」(30歳男性) 男性は自分を向上させる、自分の立場をよくする、または不利な状況を和らげるために嘘をつくことが多いです。 それに対して、女性は人間関係をスムーズに進める、または対立を回避するために嘘をつく傾向があります。 嘘をつく背後の意図が、その嘘の行動パターンに影響を与えると見られます。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる