1. トップ
  2. 恋愛
  3. 義母からの執拗な“贈り物攻撃”で…妻『家の中がお義母さんの花壇になりそう』⇒実は【ありがた迷惑】な女性の優しさって?

義母からの執拗な“贈り物攻撃”で…妻『家の中がお義母さんの花壇になりそう』⇒実は【ありがた迷惑】な女性の優しさって?

  • 2024.4.23
  • 2617 views

実は【ありがた迷惑】な女性の優しさって?

今回はありがた迷惑だと思われやすい女性の優しさについて紹介します。 よかれと思っている行動が、相手に負担を与えるかもしれません。

過剰に心配

「仕事のクレームでめちゃくちゃ落ち込んでた日に『大丈夫?』『元気だして!』『みんな〇〇くんを応援しているよ!』『今日は早く寝てね』『明日の朝またLINEするね!』と…。同期の女の子から、一方的にLINEが来たときは、もはや恐怖でしたね」(25歳) 「彼を慰めている自分」に酔っていませんか? ただでさえ彼は落ち込んでいるのだから、励ますにしても細心の注意が必要。 LINEなら短文に、声をかけるなら「お疲れさま!」程度にしましょう。

長話をされたとき

「職場でいつも親切にしてくれる女性の先輩がいるんですが、とにかく話が長いんですよ。 丁寧だしわかりやすいんだけど、忙しいときとかはちょっと勘弁してほしいです」(26歳) 張り切りすぎて彼を長時間拘束してしまうと、ウンザリされてしまうでしょう。 サクッと終わらせるようにしてみてください。 [nextpage title=":〇〇をもらったとき"]

プレゼント攻撃

「母はガーデニングが趣味で、妻が働いている店で飾るためにたくさんお花をプレゼントしてくれています。僕もありがたいと思っていたのですが、店で飾り切れない分を自宅に飾るようになり…。ある日妻が『家の中がお義母さんの花壇になりそう』と言われて、はっとしました」(30代男性) プレゼントは嬉しいものですが、与えすぎは相手に負担をかけるかもしれません。 何事もほどほどにしましょう。

善意が裏目に出てしまうかも…

本当に必要とされたときに、本当に必要なことをスマートに与えられる人は魅力的ですよ。 (愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる