1. トップ
  2. 恋愛
  3. モラ夫が「女子インターン生につきまとい」職場での問題行動|嫁失格なので訴えます!

モラ夫が「女子インターン生につきまとい」職場での問題行動|嫁失格なので訴えます!

  • 2024.4.23
  • 789 views

夫婦関係が壊れる原因として、モラルハラスメント(モラハラ)が挙げられることは珍しくありません。この物語は、妊娠・出産をきっかけに夫のモラハラに苦しむようになった妻と、モラハラをしていた夫の両方の視点から、それぞれが結婚生活で感じた思いや行動が描かれています。夫との離婚を意識し始めたある日、妻・ヨシエは夫の職場の後輩から「話がある」と呼び出され…はるのコタン(@haruno_kotane)さんの作品『嫁失格なので訴えます!』第15話をごらんください。

夫が会社で問題行動を起こしていたことを知らされた妻・ヨシエは、被害者の女子大生に申し訳なく思うと同時に、離婚することへの迷いが消え去りました。

離婚の決意が固まったヨシエは、離婚に向けて具体的に動き出します。

モラハラは1人で悩まず、第三者に相談して協力を求めて

このお話に登場する夫の妻に対する態度や行動は、モラルハラスメント(モラハラ)といえるものです。この物語では夫から妻へ対する無理な要求や理解の欠如、無神経な発言が、妻の心身を苦しめていきました。

夫婦間の良好な関係を築くには、お互いを理解して尊重し合うことが不可欠です。しかし、モラハラはその特性からコミュニケーションすらままならず、モラハラを受ける側がさらに苦しい思いをすることがあります。話し合いによる解決が難しく、当事者だけで解決できないケースも。

モラハラで苦しんでいても、家庭内の問題は他人から気づかれにくいものです。行政や弁護士などの第三者に相談できれば、それをきっかけに解決策が見いだせることもあります。「家庭内の不和を相談しにくい」とハードルを感じている方も、ぜひ一度勇気を出して頼ってみてください。

モラハラを受けている側は自分が悪いと思い込んでいる場合がありますが、決してそんなことはありません。わが身を守る気持ちを持ち、自分の心を大切に対処法を考えましょう。

著者:lilyco_cw

元記事で読む
の記事をもっとみる