1. トップ
  2. 恋愛
  3. 遅刻魔のくせに「彼氏とのデートは遅刻しない」友人の言葉に、堪忍袋の緒が切れた

遅刻魔のくせに「彼氏とのデートは遅刻しない」友人の言葉に、堪忍袋の緒が切れた

  • 2024.4.23
  • 7601 views

主人公・ゆうこは、高校時代からの友人・みかの遅刻グセに悩まされています。何度注意しても遅刻を繰り返すみか。さらに、まったく反省していません。ガマンの限界がおとずれたゆうこは、みかに「もう会わない」と宣言。ですがふと、「まわりには何も入れないのか」と気になり、最後にみかに質問します。すると、衝撃的な答えが返ってきました…。著者・人間まおさんによる漫画作品『毎回遅刻してくる友人』をダイジェスト版でごらんください。

「遅刻しないもん」にあ然…

主人公・ゆうこと遊ぶときは、毎回遅刻するみか。遅刻に悩まされることにうんざりしたゆうこは、みかへ「もう会わない」と宣言します。

ですがふと、「まわりの人から遅刻を注意されないのか」と気になったゆうこ。たずねてみたところ、衝撃的な答えが返ってきました。仕事や彼氏との約束には遅れないのに、ゆうこと遊ぶときだけ遅刻するなんて…。

自分で「ゆうこは大切な友人じゃない」と言っているようなものです…。

友人と縁を切った直後の気持ち

みかの最後の言葉に、何とも言えない怒りを覚えたゆうこ。無神経すぎるみかの本性があらわれた瞬間でした。

ですがやっと、みかの遅刻グセから解放されたゆうこ。これからは、モヤモヤしたりイライラしたりすることが減りそうです。友人が1人減ったと同時に、悩みの種も1つ減りました。

その後、みかとゆうこの関係とは…。

「これでいい」と思えるようになった

今まで散々、みかの遅刻グセに振り回されてきたゆうこ。それでも、友だちを続けてきたのは「気が合うから」や「楽しい雰囲気を壊したくない」など、ガマンしてきたからでした。

ですが、限られたプライベートな時間だからこそ、心穏やかに過ごしたいと考え、みかとはもう会わないことを決意します。

何度遅刻を注意しても、まったく改善せず、さらに反省の色を見せない人の相手は、こちらばかりが疲弊してしまいます。余計な労力は使いたくないものです。

限られた時間だからこそ、有効に楽しく使いたいと考えますね。人との付き合い方について、改めて自分も気をつけようと感じさせてくれる作品です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる