1. トップ
  2. お仕事
  3. 【失敗談】職場で、素早く電話を取るも「やめてくれ」先輩営業マンからクレームが!?→ その理由とは?

【失敗談】職場で、素早く電話を取るも「やめてくれ」先輩営業マンからクレームが!?→ その理由とは?

  • 2024.4.23
  • 11412 views

新入社員が仕事の一つとして任されることの多い電話の取次ぎ。始めのうちは緊張しがちですが、慣れるとスムーズにいくことも多いですよね。今回は私の友人A子さんから聞いた、電話を取るのが早すぎて先輩社員からクレームが入った話を紹介します。

画像: 【失敗談】職場で、素早く電話を取るも「やめてくれ」先輩営業マンからクレームが!?→ その理由とは?

電話の取次ぎは新入社員の仕事

A子の会社では、かかってきた電話を取るのは基本的には新入社員の仕事でした。取引先の数も多く、電話も頻繁にかかってくるのですが、新入社員はA子を含めて2人だけ。どちらか1人がトイレや休憩のために席を外しているときや、休みのときは先輩たちも手伝ってくれていたのですが……。新入社員は新しい仕事もたくさん覚えなければなりませんし、毎日必死でした。

電話の取次ぎを極め過ぎて…

会社の電話機は着信音が鳴る1秒前にランプが赤くひかり、かつ相手の電話番号が画面に表示されるタイプの電話機。電話の取次ぎに慣れてきたA子は、着信音が鳴る前に反応、電話を取れるようになっていました。

ある日突然、A子は一人の先輩営業マンから呼び出されました。呼び出された理由も分からず、先輩営業マンの席に向かうA子はドキドキ……。

電話を早く取り過ぎるのもよくない!?

その先輩営業マンは、自分が担当する企業からの電話を取り次いでくれるA子の手間をなくしたいため、自分で電話を取りたいと言ってきました。

今まで実際にそうしていたらしいのですが、あまりにA子が早く電話を取れるようになってしまったため、明らかに自分宛ての電話を取れなくなったというクレーム交じりの話だったのです。

お言葉に甘えることに

先輩営業マンが担当する企業からは、毎日のように急ぎの電話がかかってきます。そのため、先輩営業マン自身が最初から電話を取ってくれたら時間も短縮できて、私としてもありがたいのにな、と内心思っていたA子。

先輩営業マンのありがたいクレーム以降、お言葉に甘えてその先輩営業マン宛ての電話を敢えて取らなくなったA子でした。

まとめ

今回は、良かれと思ったことが裏目に出てしまいましたね。ですが結果的にA子も電話を取らずに済み、先輩営業マンが直接電話を取ることで取次ぎの時間短縮にもなり顧客の満足度も多少なりともアップしたかもしれませんね。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:ichika.K

元記事で読む
の記事をもっとみる