1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「今のはないわ…」男性が“年上女性から言われてイラっとすること”

「今のはないわ…」男性が“年上女性から言われてイラっとすること”

  • 2024.4.23
  • 1945 views

年齢に差のある恋人とは、年齢のことが原因ですれ違ってしまうこともありますよね。 今回は、男性が「年上の彼女に言われるとイラッとすること」について紹介します。

「そんなの簡単でしょ!」

「2歳上の彼女に仕事の困ったことを話すと『そんなの簡単でしょ!』『さっさとやりなよ』など、きつい言葉を言われてしまいます。その言動にイラッとします」(26歳/男性) 相談したのに、上から目線できついことを言われるとイライラしてしまいますよね。 彼が頼ってきたときには、彼に寄り添いアドバイスをする程度にとどめ、彼の考えを尊重するようにしましょう。

「全部私のせい」

「僕たちはケンカができません。彼女は5歳年上で、いつもケンカのたびにすべてを自分のせいにするんです。でも、実際には僕に過ちがあったケースもたくさんあります。そういったときに自分のせいにされると、謝りにくいですし、もっと自分のことを主張してほしいとイライラしてしまいます」(31歳/男性) 彼よりも年上だからと、必要以上に余裕を見せてなんでも受け入れようとすると、逆に気持ちがすれ違ってしまうかもしれません。 一見ケンカもしていなくてよい関係に見えますが、大切なことを話し合うことができていないという問題があります。 「こう感じているけれど、あなたの意見を聞かせて」と、あなた自身がどう感じているのかも伝えるようにしましょう。

「初めてのときはそうだった」

「彼女がすばらしいレストランに連れていってくれました。僕が『こんな料理は初めて。すごいね』と言うと、彼女は冷静に『そうだね、私も初めてのときはそうだったな』と返してきました。もっと感動を共有してくれたらいいのにと、イラッとしてしまいました」(25歳/男性) 彼よりも年上であれば、いろいろな経験を積んでいるでしょう。 しかし、経験しているからと冷めた言動をしてしまうと、彼はせっかくの感動に水をさされたと思ってしまうかもしれません。 素晴らしい体験を一緒に楽しもうと思っていたのに温度差を感じたら、気分が沈んでしまうこともあるでしょう。 もし以前に経験していたことであったとしても、彼との感動を共有することを忘れないでください。

彼に寄り添って

自分の方が年上だからと上から目線で接したり、必要以上に寛容でいようとしたりすると、彼は気分を害してしまうかもしれません。 あまり年上であることを意識せず、彼に寄り添い共に歩んでいけるといいですね。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる