1. トップ
  2. おでかけ
  3. ホテルで、客「1日早いけど、部屋に入れて!」スタッフ「えっ」迷惑な要求に困惑! → さらに!?

ホテルで、客「1日早いけど、部屋に入れて!」スタッフ「えっ」迷惑な要求に困惑! → さらに!?

  • 2024.4.22
  • 23981 views

旅に出るとなれば、まず目的地の宿泊施設を予約することが大切ですよね。いざ行ってみて泊まるところがなかったら大変です。今回はそんな宿泊予約にまつわるとんでもないトラブルに巻き込まれてしまった私の知人Eさんから聞いたお話です。

画像: ホテルで、客「1日早いけど、部屋に入れて!」スタッフ「えっ」迷惑な要求に困惑! → さらに!?

フロントに現れたお客様

当時Eさんは地方都市のホテルのフロント業務に就いていました。

そのホテルは地元で唯一の大きなホテル。観光地ではあるものの宿泊施設が少ないその地方では、週末はいつも満室になっていました。

「いらっしゃいませ、お名前をお願いいたします」
ある週末の夕方、Eさんはフロントに現れたひとりの中年女性に声をかけました。
「〇〇です」
Eさんはその女性の名前を検索したものの、当日の宿泊予約の中にその女性が言った名前は見当たりません。
「あれ……」
再度調べてみたところ、女性が予約をしたのはその翌日であることがわかったのです。

「恐れ入りますお客様、ご予約は明日で承っておりますが」
Eさんがそう伝えると、女性の口から出たのは驚くべき言葉でした。

満室のホテルで……

「ああ、日程を間違えちゃったのよ! 1日早いけどいいでしょ? 明日はキャンセルでいいから、とりあえず部屋用意してよ」
Eさんは空いている部屋を確認しましたが、残念ながら満室でした。
「残念ながら本日は満室でございまして……」
「え、ダメなの? なんとかしてよ。キャンセルとかないの?」
「はい、皆さんチェックインされております」
「えー!!! じゃあどうしろってのよ」
女性客は大きな声でゴネはじめました。

「ここから少し離れたところでよろしければ、ビジネスホテルが」
そう言いかけたEさんを遮るように女性は言いました。
「ダメダメ、私狭い部屋ダメだからビジネスホテルは嫌なのよ」
Eさんは困り果て、とりあえずホテル近辺の宿泊施設を調べようとしました。
「もういいわ!」
女性はフンッと鼻息荒く言い捨ててフロントを離れ、大きな荷物を引きずってロビーのソファにどすんと腰を下ろしました。

とんでもない行動に

「Eさん、大丈夫だった?」
フロントの責任者がEさんに声をかけます。
「ええ、大丈夫でした……って、あれ!?」
Eさんはまだソファに座っている女性客を見て、思わず声を上げました。
「あのお客様、メイク落としてませんか?」
Eさんの声に、責任者も女性客に目をやりました。
「え、まさかそんな」
なんと先ほどの女性客はロビーのソファの上に足を投げ出し、手鏡を見ながらメイクを拭きとっていたのです。

「お客様、こちらでそのようなことをされては困ります」
「えー、泊まるとこないんだからしょうがないじゃない。朝には出るから、一晩くらいいさせてよ。あ、毛布くらい貸してくれるわよね?」
女性客はロビーのソファで一晩を明かすつもりらしく、すっかりくつろいだ様子で言いました。
「仕方ないですね」
責任者はフロントに戻り、ホテルの支配人に内線電話をかけました。

「ちょ、ちょっと! 何すんのよ!」
ロビーに女性の大声が響き渡りました。支配人の判断で、女性客は警備員の手によってホテルのロビーから連れ出されてしまったのでした。

ホテルのロビーで夜を明かそうとするなんて、常識では考えられない行動ですよね。泊まるところがないのはかわいそうではありますが、もともとは自分の予約ミスが原因です。追い出されたのは自業自得といったところでしょうか。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:齋藤緑子

元記事で読む
の記事をもっとみる