1. トップ
  2. エンタメ
  3. いよいよ最終回を迎える『涙の女王』、出演俳優たちの“ご褒美旅行”はナシ「打ち上げも終わった」

いよいよ最終回を迎える『涙の女王』、出演俳優たちの“ご褒美旅行”はナシ「打ち上げも終わった」

  • 2024.4.22
  • 27167 views

視聴率が上昇し続けているドラマ『涙の女王』だが、“ご褒美旅行”はないままドラマを終える予定だ。

4月22日、ドラマ『涙の女王』(tvN)の関係者は本紙『スポーツソウル』に「褒賞休暇と関連した計画はない。打ち上げも撮影終了直後にすでに終わっている」と明らかにした。

『涙の女王』は2023年4月から撮影を始め、今年2月末にすべての撮影を終えた。すでに打ち上げも終わっている状態だ。

いよいよ最終回へ

『涙の女王』は、クイーンズグループ財閥3世であり、デパートの女王でもあるホン・ヘイン(演者キム・ジウォン)と、田舎出身の弁護士ペク・ヒョヌ(演者キム・スヒョン)が結婚3年目の危機を乗り越え、奇跡のように再び愛することになる物語を描く。

『涙の女王』キム・スヒョン(左)とキム・ジウォン
(画像提供=tvN)『涙の女王』キム・スヒョン(左)とキム・ジウォン

ドラマ『愛の不時着』で歴代tvNドラマの視聴率1位を記録したパク・ジウン作家と、『不可殺-永遠を生きる者-』のチャン・ヨンウ監督、『ヴィンチェンツォ』『シスターズ』キム・ヒウォン監督が意気投合した作品で、放送前から多くの期待を集めていた。

放送が始まると『涙の女王』は着実に視聴率の上昇傾向を見せ、第10話では19.0%(ニールセンコリア)で自己最高視聴率を更新。その後の第12話で20.0%を超え、最新(4月21日放送)の第14話では21.6%を達成した。

これで『涙の女王』は、tvNドラマの歴代視聴率1位『愛の不時着』(21.7%)の最高記録を目前にした。来週、最終回を迎えるため、この記録を上回る可能性が高い。

いよいよクライマックスとなる『涙の女王』がどんな結末を迎え、どんな視聴率を叩き出すか、注目が高まっている。

元記事で読む
の記事をもっとみる