1. トップ
  2. クイズ
  3. 【水脈】はひらがな2文字でなんて読む?

【水脈】はひらがな2文字でなんて読む?

  • 2024.4.22
  • 29240 views
Ray(レイ)

日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「水脈」はなんて読む?

「水」が使われている言葉は、爽やかなイメージが湧きますよね。

今回ご紹介する「水脈」は、すいみゃく以外にひらがな2文字の読み方があります。

なんと読むかご存じですか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

Ray(レイ)
果たして、正解は?

正解は「みお」でした!「澪」や「水尾」と書くこともあります。

水脈は、海や川で水が流れる筋や、船が通ることができる水路を表す言葉です。また、船が通ったあとにできる、水の筋を表すこともあるのだとか。

水脈は、ひらがな3文字では「みなじ」と読みます。こちらも水脈と同じく、水の流れる道筋や、水路を意味する言葉です。

「すいみゃく」と読む場合は、水路のほか、地下水の流れを表すこともあるのだそう。同じ漢字に読み方が幾通りもあって、意味も少しずつ異なるなんて面白いですね。

その場にあわせた使い分けができると、一目置かれるかもしれませんよ。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

元記事で読む
の記事をもっとみる