1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 非常時の家族の居場所を特定するための捜索サービス「HITOCOCO」の販売を開始

非常時の家族の居場所を特定するための捜索サービス「HITOCOCO」の販売を開始

  • 2024.4.22
  • 114 views

山や海での行方不明を防ぐ捜索サービス「ココヘリ」を運営するAUTHENTIC JAPANは、場所を問わず、持つ人の位置を特定できる新型モデル「HITOCOCO」(ヒトココ)の販売を開始した。

非常時の家族の居場所を特定

「HITOCOCO」は幅と高さが約5センチ、厚さは約1センチの携帯型の小型端末で、AUTHENTIC JAPANが山岳救助サービス「ココヘリ」で培ってきた専用電波に加え、GPS機能、さらにBluetooth通信の3つの電波に対応している。

3波を搭載したことで山、海、そして都市と、場所を問わずに持つ人の位置を詳細に特定することが可能となった。

「HITOCOCO」によって、山岳遭難における捜索活動にとどまらず、震災などの非常時の家族の居場所や高齢者の徘徊、子どもの迷子、ペットの行方不明まで探し当てることができるようになる。

認知症や災害時による行方不明の防止

2023年に発表された警察庁の調査によると、2022年に届け出があった認知症の行方不明者は1万8709人で、10年連続で増加し過去最多だという。

また、2013年に国が公表した情報によると、首都直下地震が起きると、最悪のケースで死者は約2万3,000人、経済被害は約95兆円に達すると想定している。

GPS、専用電波、Bluetooth通信の3波を搭載する「HITOCOCO」は、認知症による行方不明の防止や、災害時の行方不明者の迅速な発見・救出にも役立てることができる。

山岳地帯での遭難対策として

警察庁の調べによると、この30年間にわたって登山での遭難者は、コロナ禍の一時期を除いて増加の一途を辿っているという。

遭難が発生するような山岳地帯では、スマートフォンの電波が届かないことが珍しくない。しかし「HITOCOCO」は、携帯電話の通信網だけに頼らないので、GPS機能が使えない山岳地帯でも迅速な捜索が可能となる。

救助シーンの例

もし、高齢者や子どもが大型ショッピングセンターで行方不明となった場合、契約者と家族は、まずGPS機能で、ショッピングセンターのどのあたりにいるのか、おおよその位置を把握できる。

そして、大体の位置を把握した後、専用電波とBluetooth通信によって「1階のおもちゃ売り場」「売り場のレジ横付近」といったように、ピンポイントでの位置特定が可能となる。

また、家族や家族による捜索だけでは不安な際は、24時間365日対応の「SOS ホットライン」がサポート。警備会社へ情報共有し、主に警備会社の警備員が契約者や家族の捜索を支援してくれるという。なお「SOS ホットライン」「警備会社の支援」は6月開始予定で、「警備会社の支援」は有償での提供となる。

AUTHENTIC JAPANの専用電波は全国39都道府県の公的救助機関で導入されており、警備会社、公的救助機関の協力によって、「HITOCOCO」が発する専用電波を探知し、捜索・発見することも可能となるのだ。

「HITOCOCO」概要

「HITOCOCO」は年会費が11,760円(税込)で、月あたりの価格は980円(税込)。

防水機能はIPX7相当。位置情報の送信の動作時間は、フル充電から約2週間。探索用電波の発信の動作時間は、フル充電から約2~3ヶ月となっている。

利用方法などの詳細は、AUTHENTIC JAPANの公式サイトで確認を。

この機会に「HITOCOCO」をチェックしてみては。

AUTHENTIC JAPAN 公式サイト:https://www.authjapan.com

(yukari)

元記事で読む
の記事をもっとみる