1. トップ
  2. レシピ
  3. 【冷凍うどんで節約めし】うどんで油そば風⁉お湯も沸かさず時短・簡単♪「やみつきうどん」は1杯100円

【冷凍うどんで節約めし】うどんで油そば風⁉お湯も沸かさず時短・簡単♪「やみつきうどん」は1杯100円

  • 2024.4.22
  • 179 views

冷凍うどんを使った、油そば系の「やみつきうどん」。お料理系YouTubeチャンネル「こっタソの自由気ままに」で紹介しているレシピです。冷凍うどんなので鍋でお湯を沸かす必要なし!さらに、1杯100円くらいで作れるというお手軽&節約料理です。おいしさの秘密は「やみつきだれ」。こちら、魚粉や甜麺醤、オイスターソースなどの旨味が満載♪「正直言って、このタレさえあればどんな麺も超おいしくなる」んですって♡



こっさりさんとシュンタソさんが運営する「こっタソの自由気ままに」は、80万人以上が登録する人気のお料理系YouTubeチャンネル。家庭でも作れる簡単でおいしい料理を自由気ままに楽しく紹介しています。

誰でも簡単に作れるようにとっても丁寧に説明してくれるので、料理が決して得意ではないわたしでもラクラク作れます。そして、作った料理を本当においしそうにモリモリ食べるこっさりさんとシュンタソさんを見ると、ますます作りたくなってくるんです(笑)。

本日は、「こっタソの自由気ままに」で紹介しているレシピの中から、67万回以上再生されている「やみつきうどん」を作ります。

1杯100円!?「やみつきうどん」の材料と作り方

今回は分量を1/4にして、1人分作ります。



【材料】4人分 ※タレとトッピングのひき肉は6人分くらい

冷凍うどん…4玉

◆ひき肉のトッピング
豚ひき肉…300g
桃屋「きざみにんにく」…小さじ1 ※にんにくチューブでもOK
桃屋「きざみしょうが」…小さじ1 ※しょうがチューブでもOK
塩…適量
こしょう…適量
酒…適量
しょうゆ…大さじ1
砂糖…大さじ1
ゴマ油…適量

◆やみつきだれ
魚粉(かつおぶし粉)…大さじ2
しょうゆ…大さじ2
酢…大さじ2
ゴマ油…大さじ2
甜麺醤…小さじ2
オイスターソース…小さじ2
鶏ガラスープの素(顆粒)…小さじ4
黒こしょう…適量

◆仕上げ
青ねぎ…1束
卵…4個

【作り方】
1.タレを作ります。

器にしょうゆ、酢、ゴマ油、魚粉、鶏ガラスープの素、オイスターソース、甜麺醤、黒こしょうを入れて混ぜます。これでタレは完成。



2.トッピングのひき肉を作ります。

フライパンにゴマ油(適量)を引き、にんにくとしょうがを入れて炒め、にんにくとしょうがの香りが立ったら豚ひき肉と酒を入れてさらに炒めます。

豚ひき肉に火が通ったら、塩、こしょう、しょうゆ、砂糖を入れて、汁気がなくなるまで炒めます。



3.冷凍うどんを袋の記載に従って電子レンジで加熱します。今回使った冷凍うどんは、電子レンジ(500W)で3分30秒加熱しました。


4.タレを大さじ1杯分ほど入れた器に、加熱したうどんを入れ、2のひき肉と小口切りにした青ねぎをかけ、卵黄をのせて出来上がり。





調理時間は6分でした。とっても簡単♪トッピングのひき肉を作らなかったら、もっと早く作れると思います。

卵黄を崩し、タレと混ぜて…いただきます!



おっ、なかなかハイレベルなタレ。お店レベルかも!甜麺醤、オイスターソース、鶏ガラスープの素など、いろいろな調味料を入れましたが、そのうちのなにかひとつだけが強調されているわけではなく、見事にひとつにまとまっています。コシのある冷凍うどんとの相性も抜群。



お店で食べる油そばやまぜそばは、たまに魚粉の味が強かったり、必要以上に油っぽかったりするものもありますが、このタレは魚粉がタレの一部として機能し、ゴマ油は油っぽさを強調するのではなく旨味のひとつとなっています。また、しょっぱいかなと思いましたが、ぜーんぜん。ちょうどいい塩味で、かつ、酢の酸味で後味がさっぱりするので、最後まで飽きずに食べられます。



そしてこのレシピの魅力は、味変が自由自在なこと。おそらくなんでも合います(笑)。五香粉、山椒、唐辛子、刻みのり、メンマ、ザーサイ、味玉などなど。なんでも受け入れる包容力と、受け入れてさらにおいしくなる応用力があると思います。

今回、こっさりさんとシュンタソさんがそれぞれおすすめしていた五香粉と山椒で味変をしてみましたが、どちらもおいしかったです。五香粉と山椒のそれぞれの風味が違和感なくうどんとなじみ、また違ったおいしさを生み出していました。この「やみつきだれ」はうどんだけでなく、そうめんやラーメンにも合うそうです。

お二人は「うまい!うまい!」といいながら、それぞれ2人分ずつペロリと完食していました(笑)。そして、完食した後は、残ったタレにご飯を加え、おいしいタレをとっても楽しそうに満喫していました。

今回作った「やみつきうどん」は、お店レベルのタレが味の決め手となる、1杯わずか100円の激安うどんレシピでした。冷凍うどんを使うので、手間なく出来るところも魅力です。作ってみてはいかがでしょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる