1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「教室がうるさい」小1息子が言わなかった本当のこと|うちの子が支援級に移籍するまで

「教室がうるさい」小1息子が言わなかった本当のこと|うちの子が支援級に移籍するまで

  • 2024.4.22
  • 5712 views

これは、もっつん(@mocchan_diary)さんが小学1年生の息子の発達に悩み、支援クラスへの移籍を決意するまでのお話です。担任やスクールカウンセラーなど周りの力を借りながら、ありのままのわが子と向き合う母の葛藤を描きます。なぜ教室から脱走するのか。もっつんさんが息子に理由を聞くと...。『うちの子が支援級に移籍するまで』第36話をごらんください。

教室から脱走する理由を聞くと、最初は「出ていきたくなっちゃうから」と腑に落ちない答えしか返ってきませんでした。しかし、もう一段掘り下げて聞いてみると「教室がうるさいから」と具体的な理由を話してくれました。

聴覚過敏や触覚過敏など、感覚が人よりも敏感に感じてしまう子もいます。タクくんにとって、大勢のクラスメイトの声や物音にあふれた教室にいるのは大きなストレスだったのかもしれません。

「ありのままのわが子」を受け入れる覚悟

授業中に座って話を聞くことができない。友達とのトラブルが絶えない。今回の漫画に登場したタクくんのように、我が子が発達障害かもしれないと思うような困り事に直面すると、親も対応に悩みますよね。

「他の子が当たり前のようにできることを、どうして我が子はできないのだろうか」「これまでの子育てに非があったのではないか」と子どもや自分を責めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、発達障害は生まれつきの特性なので、本人や親の力だけで解決するのは難しいのです。市・病院・学校などに相談し、専門家による適切な支援や療育を受け、我が子に合った環境を整えることが大切です。

もっつんさんはさまざまな葛藤を乗り越え、ありのままの我が子を受け入れる覚悟を決めました。一番近くに自分を理解してくれる味方がいるからこそ、タクくんは安心して成長できるのですね。

『うちの子が支援級に移籍するまで』は、子育てにおいて大切なことを教えてくれる作品です。

著者:chochiro629

元記事で読む
の記事をもっとみる