1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『作ってあげる!』張り切って昼食を用意する義母だが【酷すぎる料理環境】に⇒『本当にやめて』周囲を引かせる「過剰な気配り」

『作ってあげる!』張り切って昼食を用意する義母だが【酷すぎる料理環境】に⇒『本当にやめて』周囲を引かせる「過剰な気配り」

  • 2024.4.21
  • 5522 views

『本当にやめて』周囲を引かせる「過剰な気配り」

好印象を持たれたいと思うと、つい気を遣ってしまうことがあります。 今回は、周囲が引いてしまう「気配り」について紹介します。

心遣いとお節介の境

「義実家で昼食を作ってもらったのですが、衛生環境があまりよくなく、夫にやんわり伝えてもらったのですが… あまり意味が伝わらなかったようで…内心では『本当にやめて』と感じてしまいました」(30歳女性) 他人への心遣いとお節介の境は非常に微妙で難しいもの。 相手が快く受け止められるよう、配慮の量を見極めることが大切となりそうですね。

健康への行き過ぎた配慮

「『バランスのいい食事を心掛けよう』と、友人が健康面でのアドバイスをしてくれる。そのアドバイス自体は間違っていないけれど、押しつけがましく感じることもある。人それぞれ、健康に対する考え方が異なるから」(25歳/男性) 相手の健康に対する心遣いが、相手にとっては煩わしく感じられることも。 健康に関する話は、相手からの関心がない限り、控えめにする方が賢明かもしれません。

タバコに火をつける際のさりげなさ

「飲み会でタバコを吸おうとした瞬間、隣に座る女性がさりげなく火をつけてくれた。しかし、そのあまりにスムーズな動作に『ライター使いが上手いんだね』と驚いてしまい、それを見た他の男性もどこか引いてしまっていたようだ」(24歳/男性) ライターで火をつける際も、相手が求めていないサービスは避けた方がよさそう。 困っている様子であれば、軽く声をかけた上で助けてあげましょう。

衣服のお手入れに対する心配り

「襟元のボタンが外れかけているのを見つけたけれど、自分で後で直そうと思っていたら、ある同僚が『この場で直してあげるよ』と言ってきて、その場で修理を始めた。その間、注目を浴びてしまい、緊張した」(27歳/男性) 相手の置かれている状況を考慮することが、好まれる「気配り」になるのでしょう。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる