1. トップ
  2. 恋愛
  3. ママ友「貧乏な親を持つと、子どもは大変よねぇ」【親の経済的マウント】を聞いて育った、子どもの末路は?

ママ友「貧乏な親を持つと、子どもは大変よねぇ」【親の経済的マウント】を聞いて育った、子どもの末路は?

  • 2024.4.21
  • 10729 views

子どもは親の背中を見て育つといわれます。親の信条・価値観・言動は知らぬ間に子どもに影響を与えてしまうものです。筆者の友人・Fの娘と同じ学校の保護者には、すごい価値観を持った人がいました。どんな人なのか、Fに話を聞いたエピソードをご紹介します。

画像: ママ友「貧乏な親を持つと、子どもは大変よねぇ」【親の経済的マウント】を聞いて育った、子どもの末路は?

娘と同じ学校の保護者・Y江

私には現在中学生の娘がいます。
娘が通っていた小学校には、地元の議員であるN家の子どもが通っていて、この子どもの保護者であるY江は、父親の権力をかさに着たとても嫌味な人でした。

お金があることを鼻にかけ、Y江の娘は毎日習い事。

「今どき英語を習わせないなんて」
「家庭学習の教材より家庭教師の方が良いのに」
「スポーツもしっかりと基礎から習わせないと」
「世の中、やっぱりお金よね」

など、経済的なマウントを取ることが多いので、私は苦手意識を持っていました。

娘の友達

私は娘が4歳のときに離婚をしたため、シングルマザーで決して裕福とは言えない生活でした。
お金が全てだと思い込んでいるY江にとっては格好の標的になってしまい、さんざんマウントを取られていました。

しかし娘とY江の娘は仲が良く、Y江の娘は我が家に遊びに来ることも多かったのです。
2人は波長がとても合うようで、一緒に出掛けたり勉強したりしていました。

非行

その後、子ども達が中学生になると、Y江の娘は豹変してしまいました。
学校も手を焼くほどの非行に走ってしまったのです。
ただ、我が家の娘とは変わらず仲が良く、ある日私が仕事から帰宅すると家にはY江の娘が。

「もう遅いからご飯食べていけば?」と声をかけると、Y江の娘が「いいなぁ、普通のお母さんで。」と言い出したのです。

食事をしながら話を聞くと、Y江の夫は婿養子で、家ではY江が仕切っているとのこと。
「世の中お金!」が口癖で、何かというとお金の話ばかりして家族にもマウントを取るので、腹が立つと話してくれました。

末路

Y江の娘は、お礼を言って楽しそうに帰っていきました。
しかし、その後もY江の娘は非行が止まらず、ついには補導される騒ぎに!

あたたかな普通の家庭に憧れていたY江の娘は、警察に迎えに来たY江に対し、「お前なんか母親じゃない!」と大立ち回りをしたそうです。

お金を使って子どもにいろいろ学ばせたいという気持ちはわかりますが、お金にばかり執着したY江は、一番大事な娘に心底嫌われてしまいました。
でもこればかりは自業自得といって良いと思っています。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:RIE.K

元記事で読む
の記事をもっとみる