1. トップ
  2. 恋愛
  3. 赤ちゃんの心拍に異変?「ナースコール!」元看護師の母が叫んだ

赤ちゃんの心拍に異変?「ナースコール!」元看護師の母が叫んだ

  • 2024.4.21
  • 6018 views

皆さんは出産当時のことを覚えていますか。皆さんそれぞれに忘れられないできごとがありますよね。出産は命がけですが、生まれた瞬間のわが子の泣き声はかけがえのない思い出ですよね。しかし、その声を聞くことができなかった人もいます。今回ご紹介するのは、星田つまみ(@hoshi.da)さんがインスタグラムで連載した作品です。『産声を聞かせて』をご紹介します。どうぞごらんください。

今は元気なわが子を出産したときのこと…

このお話は星田つまみさんが実際に経験したことを基に描いた育児エッセイ漫画です。現在は二児の母の星田つまみさん。このエピソードは長男にいくんが生まれたきのことを描いています。

当時の母子手帳を見る度に心臓が締め付けられるような気持ちになるという星田つまみさん、長男にいくんの母子手帳には新生児仮死という文字が…。一体なにがあったのでしょうか。

命を救った実母の行動

星田つまみさんにずっと付き添う実母。母は当時看護師として働いていました。だからこそ発見できた今回のできごとだったと、星田さんは考えています。

とっさにナースコールを押した母。赤ちゃんの心拍が下がっていたと言います。異常事態の緊迫したなか、星田つまみさんはなんとか出産。しかし、赤ちゃんの産声は聞けませんでした。新生児仮死状態だったのです。

出産をして、最初に聞くわが子の声は健康の証です。その声が聞こえないというのはとても不安でしたよね。星田つまみさんが産声を聞くことができずに不安になる気持ちは、痛いほど理解できますよね…。

管につながれたわが子。だけど、生きている!

星田つまみさんの長男は新生児仮死として生まれ、NICUへ。久々に見たわが子は管がたくさんついていました。かわいいと思うと同時にかわいそうとショックを受ける星田つまみさん。

しかし、夫が生きて生まてきてくれたことを喜んでくれて、星田つまみさんも少し気持ちが楽になったかもしれません。出産には何がおきるか分からず、母子ともに健康でいることはまるで奇跡です。

新生児仮死状態で生まれた長男のにいくん。そしてそのお産を乗り切った星田つまみさん。命の出産の奇跡に胸が熱くなる作品です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる