1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夫の「炭水化物抜きダイエット」妻がメニューを考えるの?

夫の「炭水化物抜きダイエット」妻がメニューを考えるの?

  • 2024.4.20
  • 3475 views

数ある家事の中でも、毎日の食事作りは手間や時間がかかって大変ですよね。たままま(@decoboco.tama)さんは、料理があまり好きではないながらも家族のため毎日奮闘。子どもが生まれてからは、それぞれの食事を別々のタイミングで作るように。しかし、夫の飲み歩く姿も相まって大きな負担となってきてしまい…。『もう二度と料理しないと心に決めた日』プロローグをごらんください。

実際の調理はもちろん、メニューの考案や買い出し、片付けも含めると毎日の食事作りは手間のかかる作業。いつも同じようなメニューにならないよう配慮するのも、大変ですよね。

たまままさんの夫は何でもおいしいと食べてくれるものの、当日になって飲みの連絡を入れるなど気遣いが足りないときも。負担を感じていたたまままさんは、モヤモヤする気持ちを積もらせていました。

気持ちをぶつけて気づいた、自分の中にある「縛られた思考」

この漫画の主人公・たまままさんは慣れない育児の傍ら、毎日の食事作りを担うことに疲れを感じていました。「主婦である以上、夫のために食事を作るのは当然」という考えで無理に頑張る日もありましたが、夫が急な飲み会に行くと努力が無駄になったように思う日々。夫にとって楽しみである飲み会を制限する気にはなれないものの、急な外食の申告にはイライラが抑えられず、いつしか心が折れ「もう2度と夫のために料理をしたくない」とまで考えてしまいます。

仕事復帰も考えていたたまままさんは、これを機に復帰後の家事・食事作りについて夫に思いをぶつけることに。改めて夫と向き合って話し合った結果、夫が休日の食事作りを担当することに決まります。また、話し合い後に冷静になったたまままさんは「残り物を出したくない」など、自分を縛る思考をしていたことに気づいたといいます。

ぶつかり合いをへて、お互いがより気持ちよく暮らせるルール作りができたというたまままさん夫婦。エピソード全体を通じて、夫婦間でよくある不満やぶつかり合いの解決について参考になる部分がたくさんある作品です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる