1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「お医者さんになるからね」甥っ子の言葉に、最期を迎える妹が目を開けた

「お医者さんになるからね」甥っ子の言葉に、最期を迎える妹が目を開けた

  • 2024.4.20
  • 5025 views

つきママ(@tsukimama34)さんのフォロワーであるスミレさん。妹のサクラさんが「腰の痛み」を訴えているのを心配していました。その後サクラさんは盲腸で入院することとなり、手術をしたあとも体調不良が続いたため再検査をすることに。そこでステージ4の子宮頚がんが見つかるのでした。長い闘病の末、妹・サクラさんの最期のときが近づいているのを、スミレさんはただ泣いて後悔するしかありませんでした。叶わない願いでも、願わずにはいられない…そんなことを考えていると、サクラさんの目がパッと開いて…?『子宮頸がんと闘った妹の話』第70〜71話をごらんください。

スミレさんたちが泣いてお別れを悲しんでいるのに気づいて、サクラさんはきっと最後の力を振り絞ってそれに応えてくれようとしたのかもしれません。

子宮頸がん検診を受けよう

この連載は子宮頸がんと闘ったとある30代女性の経験を、その姉の視点でつづったものです。がんと闘うサクラ本人とその家族の姿や思いがていねいに記録されています。

病気がわかり、闘病を終えるまでの記録を「もし自分や家族が」と重ねてみると、胸に刺さるものがあるでしょう。子宮頸がんは「マザーキラー」と呼ばれ30代女性に多いがんとして知られています。

仕事・育児などで忙しい毎日の中で、つい後回しにしてしまう自分の体のこと。しかし、幸せな暮らしは健康あってこそである面もあります。あとで後悔する前に、子宮頸がん検診を受けましょう。

自身や家族の健康を大切にしようと、今一度考えさせられる作品です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる