1. トップ
  2. グルメ
  3. キャバクラ時代の【大量飲酒 → 吐く】を繰り返し → 引退後、医師から「これは胃が、、、」

キャバクラ時代の【大量飲酒 → 吐く】を繰り返し → 引退後、医師から「これは胃が、、、」

  • 2024.4.20
  • 14230 views

パワー有り余る若い頃は、とやかく無理をしがちですよね。しかし後になって、そのツケが回ってくることも……。
友人A子は20代前半までキャバクラに勤務し、大量にお酒を飲んで身体を酷使していました。ところが引退後、「お金で健康は買えない」ということを身をもって経験したそうで……!?

無茶苦茶な飲酒生活を繰り返す毎日、その結果……

画像1: 無茶苦茶な飲酒生活を繰り返す毎日、その結果……
画像2: 無茶苦茶な飲酒生活を繰り返す毎日、その結果……

その後、24歳の時にキャバクラを引退することにしたA子。これで胃の不調も治ると思っていたのですが……

簡単には治りませんでした。
現役だった4年間で患った〈逆流性食道炎〉は、引退した今でも頻繁に吐き気に襲われるため、いまだに毎日服薬が欠かせないというA子。
「あの頃は若いから大丈夫だと思ってたんだよね」と、深く後悔していました。

お金は稼げたのかもしれませんが、今も通院して服薬しているとなると後悔の思いが湧いてきますよね……。健康はお金で買えないので、これからは酷使したぶん体を大切にしてほしいですね。

ftnサイトでは、このストーリーの完全漫画版も公開中! お見逃しなく。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

Illustrator:多喜
ltnライター:岡田 圭

元記事で読む
の記事をもっとみる