1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 痩せたのにおなか周りが細くならないのはなぜ?内臓下垂を考え、おなかを引き上げてみた結果【体験談】

痩せたのにおなか周りが細くならないのはなぜ?内臓下垂を考え、おなかを引き上げてみた結果【体験談】

  • 2024.4.21
  • 7282 views

40代になったころから、おなかから腰周りにかけて太くなり、今までの洋服が着られなくなってしまいました。痩せればおなか周りのお肉も落ちる!と考えていた私ですが、ある日おなかを壊し2日間絶食し、体重が3kg近く落ちたのにもかかわらず、おなか周りは太いままだったのです。そんなとき、内臓下垂の症状が自分にも当てはまっていることに気付き、内臓下垂の可能性を考えて対策を試みた体験談です。

日に日に太る40代。洋服が入らなくなる

40代に入ってから日に日に太りだし、今まで持っていた洋服がほぼ着られなくなってしまいました。体全体にぜい肉が付いたのですが、中でも一番太くなってしまったのは、おへその下の部分。腰周りに浮き輪を付けたようにぜい肉が付きました。

ズボンはもちろん、スカートをはいてみてもウエストのファスナーが閉まりません。そして、ボトムだけではなくTシャツを着てもおなか周りがピチピチになり、とても外に着て行ける状態ではなくなってしまいました。

そこで、今までの洋服を着ることはすっかり諦め、サイズアップすることにしたのです。

痩せたのに下腹だけが細くならず…

そんなある日、めったにおなかを壊すことのない私が珍しくおなかを壊し、約2日間ほぼ絶食することになってしまいました。するとすっかり体重が落ち、体全体が軽くなったのです! 体調崩して体力が落ちたことは良くないことですが、痩せたことはうれしくて、まずは最近着用していたパンツをはいてみました。

しかし、さほど変わった感じはありませんでした。次に、はけなくなっていたスカートをはいてみたのですが、まったくウエストのファスナーが閉まりません。体重は減っても私のウエストは細くなっていないことがわかりました。

そこで、自分の体を鏡で確認してみると、こんなにスッキリと体が軽くなったと感じているにもかかわらず、おへその下から腰にかけての部分だけは、相変わらずブヨッとしています。それを視認すると同時に、ある1つの言葉が頭をよぎりました。それは内臓下垂です。

下腹が出ているのは内臓下垂かも?

内臓下垂について、以前に記事を読んだことがありました。老化や運動不足による筋力の低下により内臓が下がってしまい、そのことにより、姿勢が悪くなり下腹が出てしまうということでした。そこにはセルフチェックの方法も載っており、「何も食べてないのに下腹部が出ている」「食後、おへその辺りが膨れる」などの場合は内臓下垂の可能性が高いとありました。

私の下腹は、まさにそのような状態です。そこで、記事に出ていていた内臓下垂を治すという体操を試してみました。あお向けに寝て腰を高く上げ、下腹から胃の方に向けて手で引き上げてみるという体操です。すると何度か引き上げるうちにグッと何かが上がった感じがし、おなかがスッキリとしたような感覚がありました。そして何より、体が軽くなったような爽快感があったのです。

それからというもの、寝る前や出かける前など1日2回ほどおなかを引き上げています。おかげで、とても体が軽くなったような感覚になり、日中の仕事中でもおなか周りがスッキリするようになりました。

まとめ

病院で診てもらったわけではないですが、ただ太ったと思っていた自分の体形が、脂肪が付いただけではなく筋力の低下や老化による内臓下垂の可能性もあると考えられました。年齢と共に、意識して運動をしたり、姿勢を保ったりと今までとは意識を変えて生活していかなければならないと改めて思わされました。

次から次へと出てくる老化サインを、1つずつ解決していく楽しみと捉えられるよう、ポジティブに気持ちにゆとりを持っていきたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:パル


監修者:医師 黒田 あいみ 先生

ベビーカレンダー/ウーマンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる