1. トップ
  2. おでかけ
  3. 客「卵といくら食べられない」スタッフ「アレルギーでしたか、失礼いたしました」直後⇒客が放った『言葉』に顔面蒼白…

客「卵といくら食べられない」スタッフ「アレルギーでしたか、失礼いたしました」直後⇒客が放った『言葉』に顔面蒼白…

  • 2024.4.20
  • 59537 views

皆さんは、厄介な客の対応に困った経験はありますか? 今回は「身勝手な理由で文句をつける迷惑客」にまつわる物語とその感想を紹介します。 ※この物語はフィクションです。

イラスト:モナ・リザの戯言

旅館のスタッフ

とある旅館のスタッフとして働く主人公。 厳しい女将に指導されながらも、仕事にやりがいを感じていました。 そんなある日、1組の大学生カップルが宿泊にやって来ます。 いつものように丁寧な接客を施す主人公でしたが…。 しばらくするとロビーから大騒ぎする男女の声が聞こえてきました。 主人公が様子を見に行くと、先ほどの大学生カップルがお酒を飲んで騒いでいたのです。 主人公が丁寧に注意すると、カップルは文句を言いながらもやめてくれたのですが…。

その日の晩

lamire
出典:モナ・リザの戯言

その晩、主人公が夕食を持っていくと、カップルは食事の紹介も聞かないまま食べ始めてしまいました。 すると食事を見た女性は「ちょっと!」と言って…。 「卵といくら食べられないんだけど」と文句を言ってきたのです。 女性の発言に「アレルギーでしたか、失礼いたしました」と慌てて謝罪する主人公。 しかし女性はアレルギーではなく、ただ好き嫌いで文句をつけていただけだったのです。 さらに、自分たちは一流企業に内定をもらったという理由で「それに相応しい接客をしなさい」と言い放った女性。 文句ばかりのカップルに主人公は疲れてしまうのでした。

読者の感想

ほかのお客さんもいる宿泊施設では、きちんとマナーは守ってもらいたいですよね。 厄介な迷惑客にあたってしまった主人公が気の毒です。 (30代/女性)
客とはいえ、こんな高圧的な態度をとるのはあり得ないですね。 逆ギレせずに、大人な対応をする主人公は立派だなと思います。 (20代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。 (lamire編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる