1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「この前のママ友会どうだった?」様子を聞くと…“驚きの実態”に「うそでしょ…」⇒異性が“特に嫌う”行動

「この前のママ友会どうだった?」様子を聞くと…“驚きの実態”に「うそでしょ…」⇒異性が“特に嫌う”行動

  • 2024.4.20
  • 3595 views

「それやめて」異性が“特に嫌う”行動

「私が仲良くしているママ友同士でママ友会があったそうです。 私は行かなかったので後日様子を聞いてみると

『子どもを連れて夜遅くまではしご酒をしていた』とのこと。幼い子どもを連れているのにうそでしょ…と引いてしまいました」(29歳/女性) 考えが一致しないことは男女問わずよくあることです。 そして考えの衝突は、お互いの関係に大きな影響を及ぼすこともあります。 ここでは、多くの人が「こうしてほしい、やめてほしい」という行動について解説します。 自分の行動を振り返る機会にしてみてください。

無言の期待は通じない

女性の中には、自分の思いを直接言葉にせずに相手に察してほしいと望む方がいますが、男性たちは明確なコミュニケーションを求める傾向にあるようです。 男性たちは、パートナーの不満が言葉にされなければ理解しにくいと感じています。 間接的に「これをしてほしい」と示唆することも、好ましくないとされています。 思っていることをストレートに伝えることを忘れずにいることが大切です。

ファッションの違和感

女性に人気のハイウエストパンツなど、一部のファッションアイテムは男性から見てバランスが取れていないと捉えられがちです。 トレンドを追うファッションに対して違和感を抱く男性もいるため、デート時にはシンプルなスタイルを選ぶことがおすすめです。 しかし、自分の好きなスタイルをある程度貫くことも大切です。 彼からあまりにもファッションについて文句を言われるようであるならば、彼との関係性について考え直してみてもいいのかもしれません。

涙で訴える

女性の中には、よく泣いてしまうという方もいるかもしれません。 よく泣くことは感情豊かで悪いことではありません。 しかし、真剣な話し合いの場で泣かれたりすることを嫌う男性は多いです。 彼らからすると、涙で解決しようとしているととらえられてしまうのかもしれません。

相手の望む行動を理解

女性が彼から「これをしてほしい」と願われることは珍しくありません。 反対に「これはしないでほしい」という要望もよくあります。 異性の気持ちを察することで、双方の理解が深まり、さらによい関係を築けるかもしれません。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる