1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「入学祝いで最後にしよう」友人夫婦の提案を承諾した私たちが、帰宅後に封筒の中身を見て驚いた理由は

「入学祝いで最後にしよう」友人夫婦の提案を承諾した私たちが、帰宅後に封筒の中身を見て驚いた理由は

  • 2024.4.20
  • 54887 views

年に数回、県外に住んでいる夫の友人夫婦と遊ぶわが家。わが家には小3と年長の息子と、2歳の娘がいます。友人夫婦には、小3の女の子と小1の男の子がおり、子どもたち同士も仲の良いお友だちです。家族ぐるみで仲が良く、子どもの入学祝いを先に頂いていたので、こちらも贈ることにしていました。しかし、このやりとりについてモヤモヤする出来事が起こったのです……。

入学祝いを開けてみると…

長男のときは友人夫婦の1人目も入学する年だったため、お返しの代わりに同額の図書カードを贈りました。夫は「あいつらは親戚みたいなものだし、2人目のときもお祝いしなきゃ」と笑っていました。

そのため、友人夫婦の2人目が入学した昨年、上の子のときと同額の図書カードを贈ることに。お礼の言葉はいただきましたが、お返しはありませんでした。そのときは「こういうものは気持ちだし、うちは3人いるから」と気にしていなかった私。

わが家の次男が入学する今年。年始に遊んだときに、友人夫婦から入学祝いと一緒に「これで終わりにしない?」という提案がありました。言い出しにくいことを言わせてしまった、と私が焦っていると、「うちが3人いるから嫌になったんだろ」と笑いながら言った夫。

それに対し、パパさんは笑顔で「どうしてもうちが損になるじゃん」という返事が。ママさんも「正直すぎてごめん」と笑ってくれたおかげで、その場は気まずくならずに済みました。

その夜、頂いた入学祝いを夫と私で確認しました。そこには、わが家が友人夫婦の2人目のときに贈った図書カードより少ない金額の現金が入っており正直驚きました。そしてなんとも言えない気持ちになる私たち……。

「こういうのは気持ちだから」と夫とお互いに言い聞かせて気持ちを落ち着かせました。これを機に夫婦で話し合い、友人へのお祝いは出産祝いまで、と夫婦で決めました。

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!

イラスト/きりぷち


著者:安藤 はるか

ベビーカレンダー編集部/キッズライフ取材班

元記事で読む
の記事をもっとみる