1. トップ
  2. 恋愛
  3. 父「私物は売ったぞ」母「…は!?」急に”節約会議”を開く父に違和感。そして後日…⇒突然”倒れた父”に…母「一体どうしたの?」

父「私物は売ったぞ」母「…は!?」急に”節約会議”を開く父に違和感。そして後日…⇒突然”倒れた父”に…母「一体どうしたの?」

  • 2024.4.19
  • 16936 views

皆さんは、生活のなかで思わず驚いてしまったことはありますか? この記事では、読んでいて驚いてしまうような物語とその対処法を紹介します。 ※この物語はフィクションです。 (CoordiSnap編集部) イラスト:モナ・リザの戯言 ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

突然の節約会議で…

両親と暮らす主人公。 主人公は人のミスを何度も指摘する父が大嫌いでした。 そんなある日、父は突然将来のために節約をしようと家族会議を開いて…。 違和感を抱く主人公に「バイト代を家に入れなさい」と言ってきたのです。

出典:モナ・リザの戯言

さらに「売れそうなものは大体売った」と言い出した父。 父が勝手に家族の私物を売ったと知り、母は「は!?」と激怒しました。 しかし父に過去の失敗を指摘された主人公と母は、節約に協力せざるを得なくなったのです。 後日、顔色が悪かった父は突然主人公と母の前で倒れました。 そして過労で倒れた父が目覚めたころ、母が「一体どうしたんです」と事情を聞くと…。 父は友人の連帯保証人になり、借金を背負って深夜バイトを掛け持ちしていたことを打ち明けてきたのです。 家族に黙って無理をしていた父に激怒する主人公と母。 その後、改めて家族会議をすることにしたのでした。

読者から募集した「家族が多額の借金をかかえたとき」の対処法

○完済できるよう計画を立てる 家族が多額の借金を抱えたと打ち明けてきたら、力になりたいです。 どうにか借金を完済するため、自分にもできることはないか話し合って計画を立てます。 (50代/女性)
○周囲に相談する 多額の借金の返済は、家族だけでは難しい場合もあると思います。 夫の借金であれば義両親に相談するなど、信頼できる周囲の人に相談するといいかもしれません。 (30代/女性)

※こちらの記事はみなさんから寄せられたアンケートをもとに作成しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる