1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『もう好きじゃないかも』腹黒後輩のせいで彼氏に変化が…!?⇒要注意!男性が「別れを匂わしている」サイン3選

『もう好きじゃないかも』腹黒後輩のせいで彼氏に変化が…!?⇒要注意!男性が「別れを匂わしている」サイン3選

  • 2024.4.19
  • 1472 views

要注意!男性が「別れを匂わしている」サイン3選

「彼がバイトを始めた途端、態度が急に冷たくなり『もう好きじゃないかも』と言われました。しかし、彼は職場の後輩と浮気していたのです…

後輩は『あの人なら奪える』とまわりに言っていたそうで…彼とは別れました」(20歳女性) 彼が別れ話をする際には、典型的な発言や言葉を選んで伝えることがあります。 これらの言葉は、彼の真意が隠されている可能性があるため、今後の関係を検討する材料にしましょう。

「二人の関係、意味がある?」

関心が薄れたり、他に興味が移ったりしている時に、このような質問を持ちかけるかもしれません。 自分の情感が風化しつつあることや、関係を維持する価値を見出せなくなったり、別の恋愛に関心が移ることがあるでしょう。 しかし、直接的に終わりを伝えるのに躊躇うため、彼は適当な理由やタイミングを使って、こんな言葉を選ぶのです。

「もっといい人がいるはず」

自身が相手に満足を提供できないと感じた時、この言葉を選びがちです。 謙遜の姿勢を見せつつ、実際は関係の持続に疑問を抱いている場合があります。 彼が「君の望むものを私は与えられない」と述べる時も、注意が必要です。 こう言われると、関係が疲弊しているサインかもしれません。

「価値観、合わないかもね」

長期的な関係や結婚に対する見解に違いがある場合や、関係が双方にプラスをもたらさないと感じた時にこのフレーズが登場します。 夫婦の幸福観が一致しないときには、別れを考え始めることが多いです。 何度も妥協が必要となり、二人の関係がギクシャクしている時も、離れるべきかもしれないとの兆候があるでしょう。

直接的でない理由

責任を避け、自分を悪者にしないために、間接的な方法を選びがち。 そんな時に出た言葉は、彼が終止符を打ちたいと願っていることを示しているかもしれません。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる